ヒドラジン分解

出典: meddic

hydrazinolysis

和文文献

  • ヒドラジン分解反応促進に対する放電プラズマの適用検討
  • 青柳 潤一郎,各務 聡,竹ヶ原 春貴,橘 武史,三島 弘行,齋藤 憲吉,長島 隆一,栗木 恭一
  • 宇宙技術 4(0), 1-6, 2005
  • Conventional monopropellant thrusters for spacecraft utilize the pelletized catalyst bed to decompose the propellant, typically Hydrazine. The catalyst bed consists of Iridium catalyst supported by po …
  • NAID 130000151078
  • ダイフクマメα-アミラーゼインヒビターの糖鎖構造
  • 澤田 小百合,竹田 由里,金森 正雄,田代 操
  • 武庫川女子大学紀要. 自然科学編 49, 85-88, 2001
  • … を行った.検出されたPA化糖は,マンノース,N-アセチルグルコサミン,キシロースで,DAIはN-Glycanを有しているものと考えられた.またその組成比よりハイマンノース型と推定された.糖鎖構造は,糖たんぱく質のヒドラジン分解,遊離糖鎖のN-アセテル化とPA化,更にPA化オリゴ糖の分子サイズHPLCにより推定された.DAIには,おおよそ9種のPA化オリゴ糖が存在した.サブユニットの構成糖鎖は,αでは,2種のハイマンノース型糖鎖M6とM9が主 …
  • NAID 110006200537

関連リンク

ヒドラジン (hydrazine) は無機化合物の一種で、示性式が H2NNH2 と表される弱塩基 。 アンモニアに似た刺激臭を持つ無色の液体で、空気に触れると白煙を生じる。水に易 溶。強い還元性を持ち、分解しやすい。引火性があり、ロケットや航空機の燃料として ...
ヒドラジンには,以下の反応により,腐食の要因となる水中の溶存酸素を除去する働き があり,. 腐食防止のための有用な薬品である.( N2H4 + O2. → N2 + 2H2O ) また, 200℃以上で分解. してアンモニアを生成し,pH 調整剤として作用する.(3N2H4 ...

関連画像

GlycoCut・糖鎖ヒドラジン分解 GlycoCut・糖鎖ヒドラジン分解 ヒドラジン アロタン(アロマ 12 使用済燃料プール内の金属 弊社では香川大学総合生命科学 0038】なお、脱着ろ過後


★リンクテーブル★
関連記事分解」「ヒドラ

分解」

  [★]

degradationbreakdowndecompositiondisintegrationdisassemblydegraderesolvedisassemblecrackdecomposecatabolizedisintegratecatabolized
異化解決解重合解体回復壊変亀裂クラック故障腐敗分離崩壊構成不能破綻消散ひび


ヒドラ」

  [★]

hydraHydra
ヒドラ属Hydra属、(薬剤成分)イソニアジド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡