ヒトインスリン

出典: meddic

human insulin
インスリン
その他のホルモン剤


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • インスリン製剤による紅斑型薬疹が考えられた1例 (特集 薬疹・薬物障害)
  • 田畑 伸子,大浪 薫
  • 皮膚科の臨床 53(1), 31-34, 2011-01-00
  • NAID 40017659704
  • ヒトインスリンによる薬物性肝障害が疑われた2型糖尿病の1例
  • 大場 健司,森田 浩,川合 弘太郎 [他],釣谷 大輔,佐々木 茂和,沖 隆,中村 浩淑
  • 糖尿病 53(12), 839-844, 2010-12-30
  • NAID 10027893389
  • ヒトインスリン及びインスリンアナログ製剤と悪性腫瘍のリスクとの関連について

関連リンク

現在使用されているインスリン製剤には、ヒトインスリン製剤とインスリンアナログ製剤の2種類があります。さらに、作用時間により主に①速効型、②超速効型、③中間型、④混合型、⑤持効型溶解の5種類に分けられます。
インスリン物語 2001/05/28 月曜日 インスリン自己注射への長い道のり 東京女子医科大学名誉教授 福岡白十字病院顧問 平田 行正氏へのインタビュー記事 インスリン自己注射の保険適用から十五周年を迎えて…」より抜粋と要約

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みその他のホルモン剤
リンク元イノレット30R」「ノボリンR」「ヒューマリンN」「ヒューマリンR」「イノレットR
関連記事インスリン」「リン」「ヒト

その他のホルモン剤」

  [★]

商品

イノレット30R」

  [★] ヒトインスリン(溶解インスリン)、イソフェンインスリン

その他のホルモン剤


ノボリンR」

  [★] ヒトインスリン

その他のホルモン剤


ヒューマリンN」

  [★] ヒトインスリン

その他のホルモン剤


ヒューマリンR」

  [★] ヒトインスリン

その他のホルモン剤

イノレットR」

  [★] ヒトインスリン

その他のホルモン剤

インスリン」

  [★]

insulin (Z)
immunoreactive insulin IRI ← ELISAを利用して定量されるインスリン(臨床検査医学)
インスリン製剤インスリン受容体
レギュラーインスリン1型インスリン

分類

  • ペプチド

性状

産生組織

プレプロインスリンの生合成@粗面小胞体 → プレプロインスリン -(切断@小胞体)→ プロインスリンはゴルジ体に輸送 -(切断@ゴルジ体小胞体)→ インスリン

標的組織

作用

  • 全般的な傾向として、同化作用↑、異化作用↓(糖新生↓)
  • インスリン受容体→ GLUTの細胞膜上への移動
  • K+の細胞内取り込み↑
  • 肝細胞でグリコーゲン合成↑
  • アミノ酸取り込み↑→タンパク質合成↑
  • 脂肪合成↑
  • 脂肪分解↓

分泌の調節

  • インスリン分泌↑
  • 細胞外K濃度↑→膵臓β細胞脱分極→インスリン分泌↑
  • インスリン分泌↓
  • 細胞外K濃度↓→膵臓β細胞再分極→インスリン分泌↓

分泌機構

  • 1. グルコース→解糖系→ATP↑→KATP閉鎖→脱分極→VDCC解放→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌*2a. ペプチドホルモン→Gsα活性化→AC↑→cAMP↑→PKA↑→インスリン開口分泌
  • 2b. ノルアドレナリン→Giα活性化→AC↓→cAMP↓→PKA↓→インスリン分泌抑制
  • 3. アセチルコリン→PLC活性化→

   →IP3↑→[Ca2+]i↑→インスリン開口分泌
   →DAG↑→PKC活性化→インスリン開口分泌

作用機序

  • 受容体型チロシンキナーゼ

臨床関連

インスリン作用不足による代謝障害
血漿中:ブドウ糖↑、アミノ酸↑、遊離脂肪酸↑、ケトン体
  • 高血圧とインスリン抵抗性の関連
インスリン抵抗性



リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





ヒト」

  [★]

human, Homo sapiens




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡