ヒストン

出典: meddic

histone





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/18 18:32:13」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 黄檗 No.39
  • 黄檗 39, 2013-07-00
  • … 振動させる : 近赤外局在表面プラズモン / 寺西利治 [5]<研究トピックス 研究ルポ>有機触媒を用いた制御ラジカル重合 / 後藤淳 [6]<研究トピックス JSTさきがけプロジェクト>ダイナミックに変化するヒストン修飾の意義を読み解く / 夏目やよい [6]新任教員・客員教員紹介 [7-8]<化研の国際交流>客員教授の日本滞在記 : Collaboration for Science Education / Jwu-Ting Chen [9]<化研の国際交流>海外研究ライフ / 笹森貴裕 …
  • NAID 120005304017
  • がんの最新治療 各論(5)多発性骨髄腫
  • 今井 陽一
  • 東京女子医科大学雑誌 83(3), 160-167, 2013-06-25
  • … そのほか、新規プロテアソーム阻害薬、サリドマイド誘導体、ヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)阻害薬、モノクローナル抗体、HSP阻害薬、Akt阻害薬などの開発中の薬剤が多数あり、さらなる治療法の進歩が期待される。 …
  • NAID 110009605129
  • 多発性骨髄腫のこれまでの治療と最近の治療について
  • 高橋 正知
  • 東京女子医科大学雑誌 83(E2), E476-E484, 2013-03-31
  • … ボルテゾミブに続くCalfilzomib、MLN9708(経口薬)、Morizomib、ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬であるVorinostatやPanobinostat、第3世代のimmunomodulatorといわれるPomalidomide、モノクロナール抗体のElotuzumabやBT062、さらにBendamustineなどを用いた治療成績も報告され、治療ガイドラインに取り入れられている。 …
  • NAID 110009575055

関連リンク

ヒストンは非常に長い分子である DNA を核内に収納する役割を担う。ヒストンはDNAに 結合するタンパク質の大部分を占め、ヒストンとDNAの分子量比はほぼ1:1である。 ヒストンとDNAの相互作用は遺伝子発現の最初の段階である転写に大きな影響を 及ぼす。
ヒストン脱アセチル化酵素(-だつあせちるかこうそ、英:Histone Deacetylase(HDAC) 、EC 3.5.1)とはクロマチン構造において主要な構成因子であるヒストンの脱アセチル化 を行う酵素である。遺伝子の転写制御において重要な役割を果たしている。HDAC ...

関連画像

コアヒストンの種類と 抗菌性ヒストンを追いかけろ ヒストンのアセチル化による 図.DNAメチル化とヒストン修飾ヒストンNature Struct. & Mol. Biol. 11, 275-283


★リンクテーブル★
リンク元等電点」「塩基性アミノ酸」「H1」「histone」「ヒストンアセチル化酵素活性
拡張検索ヒストン様蛋白質

等電点」

  [★]

isoelectric point pI
  • 分子全体の電荷の総和が0となるpHを指す
  • 該当するpHはpIで表す


  塩基性タンパク質 酸性タンパク質
優勢なアミノ酸 塩基性アミノ酸 酸性アミノ酸
想定される側鎖の末端 NH2 COOH
等電点(pI) <7.4
酸性側
>7.4
アルカリ性側
pH7.4での電荷 - +
代表的な蛋白質 アルブミン ヒストン

塩基性アミノ酸」

  [★]

basic amino acid
酸性アミノ酸


  塩基性タンパク質 酸性タンパク質
優勢なアミノ酸 塩基性アミノ酸 酸性アミノ酸
想定される側鎖の末端 NH2 COOH
等電点(pI) <7.4
酸性側
>7.4
アルカリ性側
pH7.4での電荷 - +
代表的な蛋白質 アルブミン ヒストン

H1」

  [★]


H, H0, HX
  • 胃癌の病期分類に用いられている。
  • 肝転移の有無を示す。
  • 肝転移を認める。


histone」

  [★] ヒストン

WordNet   license wordnet

「a simple protein containing mainly basic amino acids; present in cell nuclei in association with nucleic acids」

ヒストンアセチル化酵素活性」

  [★]

histone acetyltransferase activity, HAT activity
ヒストンアセチル化酵素


ヒストン様蛋白質」

  [★]

histone-like protein




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡