ヒスタミン性頭痛

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ヒスタミンは侵害受容線維自由終末のH1受容体と結合→PLCの活性化により侵害受容線を興奮 ヒスタミンは強力な血管作用をもつ。同時に血圧がさがり、血管壁の透過性が亢進する。ヒスタミンは脳血管内皮細胞のH1受容体に結合 ...
ヒスタミン、セロトニンが関係? 群発頭痛の痛みの発作を起こしている患者さんに血液検査をしてみると、いくつかの特徴がみられることが分かっています。 ...

関連画像

胃腸薬をのむときの注意点頭痛などはこのヒスタミンの  ヒスタミン食中毒の予防には !?ヒスタミン食中毒とは


★リンクテーブル★
関連記事ヒスタミン」「

ヒスタミン」

  [★]

histamine

概念

  • ヒスチジンから生合成される。
  • ヒスチジンを脱炭酸する酵素は、ヒスチジンデカルボキシラーゼ(補酵素はピリドキサル5'-リン酸(PLP))
  • この反応は肥満細胞で起こる。

作用、受容体

一般的作動薬 受容体 G protein subunit 作用
ヒスタミン H1 Gq 鼻、器官粘膜分泌、細気管支収縮、かゆみ、痛み
H2 Gs 胃酸分泌
  N-C                            N-C
 ||  \                            ||  \
 ||      C-CH2-CH(NH3+)-COO- → ||      C-CH2-CH-NH3+
 ||    /                           ||    /
   C-N                             C-N
     H                              H




痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡