パーキンソン歩行

出典: meddic

parkinsonian gait
歩行



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Pramipexole Clinical Report パーキンソン歩行に対するプラミペキソールの効果--3次元歩行解析による評価
  • 水野 敏樹,瀬尾 和弥,工藤 有里子 [他]
  • Frontiers in Parkinson disease 2(4), 228-231, 2009-10
  • NAID 40016902188
  • II-9P1-38 パーキンソン歩行に対する踵補高の影響のインソール型歩行分析装置による測定及び測定法の問題点(装具・車椅子)
  • 前野 崇,出倉 庸子,西尾 真一,江藤 文夫
  • リハビリテーション医学 : 日本リハビリテーション医学会誌 39(supplement), S303, 2002-04-18
  • NAID 110001850716

関連リンク

パーキンソン病の運動面の特徴のひとつが 歩行障害 です。 健常者であれば、とっさの1歩を躊躇なく踏み出すことができますが、この病気を発症しているととっさの1歩を出すことも困難となります。 これを すくみ足 と言い ...
これらによって、顔の表情の乏しさ、小声、小書字、屈曲姿勢、小股・突進歩行など、いわゆるパーキンソン症状といわれる運動症状が生じます。 また、パーキンソン病では、運動症状以外にも、便秘や頻尿などの 自律神経の症状 ...
パーキンソンの手術療法の歴史は長く、定位脳手術が開発されたのは1947年のことです。定位脳手術とは、頭蓋骨に固定したフレームと脳深部の目標点の位置関係を三次元化して、外から見ることのできない脳内の目標点に正確に到達 ...

関連画像

ホーン-ヤールの重症度分類を 図1.パーキンソン病患者さんの 歩行機械リズム発生器パーキンソン病とは図2]パーキンソン病の症状パーキンソン病の四大症状


★リンクテーブル★
リンク元parkinsonian gait
関連記事歩行」「パーキン

parkinsonian gait」

  [★] パーキンソン歩行


歩行」

  [★]

gait, walking
股関節の運動に関与する筋歩行運動


歩行関節および筋肉

幼児の歩行

  • 12ヶ月:上肢の挙上(high guard)
  • 15ヶ月:上肢の中等度の挙上(medium guard)
  • 18ヶ月:上肢が下がっている(no guard) → 腕ふりの出現

異常な歩行と疾患 手技みえ.188改変

痙性片麻痺歩行 hemiplegic gait 錐体路障害 脳血管障害
変形頚椎症
多発性硬化症
頸髄ミエロパチー
ぶん回し歩行
円弧歩行
痙性対麻痺歩行 spastic paraplegic gait 両大脳半球・脳幹・脊髄側索における両側錐体路障害 家族性痙性対麻痺
脳性小児麻痺(Little病)
HTLV-I associated myelopathty
はさみ歩行 scissor gait
パーキンソン歩行 parkinsonian gait 錐体外路障害 パーキンソン病
小刻み歩行 short-stepped gait パーキンソン症候群
失調歩行 小脳性運動失調・前庭性運動失調   小脳障害
前庭神経障害
OPCA
LCCA
Wernicke脳症
酩酊様歩行
脊髄後索性   深部感覚障害による空間見当識障害(位置覚・振動覚) 脊髄癆
亜急性脊髄連合変性症
Friedreich失調症
多発性神経炎
踵打歩行
鶏歩 steppage gait 下位運動ニューロン(腓骨神経麻痺で生じる下腿筋の筋力低下) Charcot-Marie-Tooth病
腓骨神経麻痺
ポリオ
糖尿病
動揺性歩行 waddling gait 肢体筋の障害 Duchenne型筋ジストロフィー
多発筋炎
Kugelberg-Welander病
トレンデレンブルグ歩行 Trendelenburg gait
アヒル様歩行  
間欠性跛行 intermittent claudication 下肢動脈の血流障害
下肢神経の障害
 



パーキン」

  [★]

  • 1. →プロフェナミン(パーキンソン症候群の治療薬であり、抗コリン薬に分類される)
  • 2. 若年性パーキンソン病の原因遺伝子として単離された遺伝子




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡