パパニコロー

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 唾液腺穿刺吸引細胞診の報告様式に関する検討 : 日本臨床細胞学会案の有用性について
  • 村井 紀彦,谷口 善知,高橋 由佳 [他],安原 裕美子,窪島 史子,楯谷 一郎
  • 日本耳鼻咽喉科學會會報 114(7), 615-619, 2011-07-20
  • … 結論: 新報告様式の使用により, パパニコロウ分類の報告結果に対する臨床医の解釈の曖昧さが減少し, 臨床的に有意義であると考えられた. …
  • NAID 10029380950
  • ベセスダシステム(2)パパニコロウ・クラス分類の意義と限界

関連リンク

〔染色の注意点〕 ・固定は、検体塗抹後に細胞を乾燥させないように1秒以内に行うことが重要です。細胞の乾燥により、核の膨化などが生じ、 正確な細胞診診断が行えない不具合の原因になります。 ・核染色後の分別および色出しは ...
染色原理 † ・ヘマトキシロンという樹木から抽出された 天然色素 である ・水に溶けにくく アルコール に溶けやすい ・色素のみでは染色能力がないので 酸化、媒染 する必要がある ・酸化、媒染後には、正(+)に帯電しているため ...

関連画像

同検体のパパニコロウ染色パパニコロウ染色とは - goo パパニコロウ染色の画像 - 原寸 パパニコロウ染色


★リンクテーブル★
拡張検索パパニコロー染色

パパニコロー染色」

  [★]

Papanicolaou stain
パップ染色 Pap stainPapanicolaou染色パパニコロウ染色


細胞質の染色

  • 淡青・緑青色(好塩基性細胞質):角化細胞 → オレンジに染まる
  • ピンク・黄色(好酸性細胞質) :それ以外 → 青
  • オレンジGとライトグリーンを使う。分子量:ライトグリーン > オレンジG → オレンジGは密な細胞質をもつ細胞を染めやすい。
-Papanicolaou染色




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡