パニック値

出典: meddic

panic value, panic values
パニックバリュー緊急異常値 critical value


  • 緊急時の病態を反映する基準
  • 病状の急変や生命に危険を招く場合など、ただちに医療対応が必要な病態を示唆する検査値

参考

  • 1. 極端値・パニック値対応マニュアル(抜粋)2005.12.03 愛臨技・化学班 例会 名古屋掖済会病院 深津 俊明
[display]http://www.aichi-amt.or.jp/labo/comp/chem1/web-doc/reikai/17reikai/slide/051203_2.pdf
  • 2. 新潟大学
[display]http://www.med.niigata-u.ac.jp/labdiv/kennsabukennsa/panikkuti/panic.html
  • 3. 京都大学
[display]http://www.kuhp.kyoto-u.ac.jp/~kensa/members/panic_value.html
  • 4. 診療マトリックス | パニック値
[display]http://shinryomatrix.net/ReferenceData/panic.aspx
  • 5. 検査データの意義:基準値・パニック値について
[display]http://www.jslm.org/books/guideline/05_06/293.pdf
  • 6. Ⅰ臨床検査概論:基準値・臨床判断値
[display]http://www.sysmex-tmc.co.jp/cd/rinsyou/demo/I/HTML/002.htm

国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床研究・症例報告 小児専門病院における緊急異常値の設定状況
  • 田中 伸久,浦野 一美,井田 和利 [他]
  • 小児科臨床 64(5), 997-1000, 2011-05
  • NAID 40018758387
  • 検査部において遭遇した事例およびインシデントレポートへの対応 (第42回[日本臨床検査医学会]東北支部総会) -- (シンポジウム 臨床検査とリスクマネージメント)
  • 大花 昇,田中 京子,位田 剣 [他]
  • 臨床病理 58(12), 1237-1244, 2010-12
  • NAID 40017660411
  • パニック値への対応 化学検査
  • 大久保 滋夫,横田 浩充,矢冨 裕
  • 臨床病理 57(7), 671-677, 2009-07-25
  • NAID 10026337348

関連リンク

検査データのパニック値は以下のように緊急連絡します (2012年 6月 現在) 問合先: 検体検査室(TEL 2685) 対象および連絡方法 ・ 血液・凝固・生化学・血中薬物検査は病棟あるいは外来の指定プリンターから自動印刷されます
第3 章 検査編/検査データの意義:基準値・パニック値について 297 表2 パニック値一覧 項目 基準値 単位 パニック値 臨床化学 CRE ~1.20 mg/dl 3.0< Na 135~147 mEq/l 120>, 160< K 3.6~5.0 mEq/l 2.5>, 6 ...
パニック値(panic value) † 「パニック値」に明確な定義はない。 以下はほんの一例にすぎない up ↑ 重症貧血指数=Hb † 【パニック値】 7g/dl以下 【中度減少】 7~10g/dl 【軽度減少】 10g/dl~基準値まで 【基準値】 男<13g † 1000/μl ...

関連画像

パニック値 についてパニック値 について おしの検査値・パニック値対応ペースメーカーの中でもDDD・VDD  おしの検査値・パニック値対応平成22年 パニック値件数 おしの検査値・パニック値対応


★リンクテーブル★
国試過去問103F018」「100E025
リンク元血小板」「カリウム」「ヘモグロビン」「血糖値」「水素イオン指数
関連記事ニック」「

103F018」

  [★]

  • 45歳の男性。意識障害のため搬入された。身長175cm、体重95kg。体温35.7℃。脈拍112/分、整。血圧 110/70mmHg。尿所見:蛋白(±)、糖(-)。血液所見:赤血球650万、Hb 17.5g/dl、Ht 56%、白血球 13,000、血小板 10万。血液生化学所見:血糖 40mg/dl、HbA1c 10.0%、尿素窒素 30mg/dl、クレアチニン 1.1mg/dl、尿酸 8.0mg/dl、総コレステロール 250mg/dl、トリグリセリド 300mg/dl、Na 145mEq/l、K 5.2mEq/l、Cl 105mEq/l。CRP 3.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH 7.50、PaO2 106 Torr、PaCO2 34 Torr、HCO3- 20mEq/l。
  • 検査項目でパニック値はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103F017]←[国試_103]→[103F019

100E025」

  [★]

  • 臨床検査におけるパニック値はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100E024]←[国試_100]→[100E026

血小板」

  [★]

platelet (Z), blood platelet (Z), PLT
栓球 thrombocyte
血小板血栓血小板数 platelet count PLC


  • GOO. 1468(血小板凝集 platelet aggregation)
  • 半減期:1週間(異常値の出るメカニズム第2版)。4日 (SP.505)。
  • 寿命:10日
  • 体積:5-10 fl
  • 直径:2-5μm。
  • 無核。

基準値

  • 15万 - 40万 /μl (2007前期解剖学授業プリント, SP.505)
  • 15万 - 35万 /μl (2007前期生理学授業プリント, PT.233)

新生児

  • 10-28万/mm3 (SPE.74)

パニック値

出典不明
  • ≦3万 /μl、≧100万 /ul

産生組織

トロンボポエチンにより巨核球の細胞質がちぎれて血流に放出される (SP.505)

貯蔵組織

  • 約1/3が脾臓に存在

組織学

  • α顆粒 α-granule
P-セレクチンを膜上に持つ
フィブリノーゲンフィブロネクチン第V因子第VIII因子platelet factor 4PDGFTGF-α (BPT.89)
  • 濃染顆粒 dense body
ADPATP、Ca2+、ヒスタミンセロトニンエピネフリン (BPT.89)

機能 (SAN.236-237)

1.一次止血

  • (1) 内皮が剥離した部位にvWFが結合
  • (2) 血小板のGpIb/GpIXを介してvWFに結合
  • (3) GpIIb/IpIIIa複合体を膜状に発現。血小板が変形し顆粒を放出(ADP, TXA2,セロトニン)
TXA2,セロトニンは血管収縮作用
ADP, TXA2,セロトニンは血小板凝集

2.血液凝固の促進

  • 血小板表面のリン脂質がIX因子X因子を結合し活性化する

3.毛細血管機能の維持

  • 毛細血管内皮細胞に融合し血管内皮を補強している → 血小板減少により点状出血を来すことになる。

膜タンパク

ファミリー 慣用名 CD分類 リガンド 機能 欠損症
インテグリン GpIIb CD41 フィブリノゲン 凝集 Glanzmann血小板無力症(GT)
GpIIIa CD61
LRG GpIb CD42bc vWF 粘着 ベルナール・スリエ症候群(BSS)
GpIX CD42a
GpV CD42d

血小板減少による症状

  • 5-10万 :症状なし-やや止血しにくい程度
  • 2-3万  :下肢に点状出血 (→皮下出血)
  • 1万以下 :粘膜出血→臓器出血の危険あり

検査

  • 抗凝固剤としてEDTAを用いた場合、EDTA依存性偽血小板減少をきたすことがある。

臨床関連

数の異常

機能の異常

  • ストレージプール病の一つ。α顆粒の欠如




カリウム」

  [★]

potassium
K+
高カリウム血症低カリウム血症腎 Kと酸塩基平衡の異常
  • 植物の灰(pot-ash)が由来らしい
  • アルカリ金属
  • 原子番号:19
  • 原子量:39.10

カリウム濃度を調節する要素

PT.481-482
  • 血液のpH
血中K+が細胞内、細胞内H+が細胞外へ移動→低カリウム血症、K排泄↑
血中H+が細胞内、細胞内K+が細胞外へ移動→高カリウム血症、K排泄↓
  • 接合尿細管、集合管でK排泄↑
レニン・アンジオテンシン系の亢進 or 細胞外K+濃度の上昇 のいずれかにより副腎皮質からアルドステロンが放出される
Na/H交換体、Na-K-2Cl共輸送体、Na/K-ATPaseを活性化。
  • β2受容体を介してKの取り込みを促進。Na-Kポンプの活性化による。

例外

水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版 p.153
  • 水素イオンと共に投与される陰イオンが細胞内に移行しうる場合、電気的中性は保たれるのでカリウムイオンは細胞外に移動しない。
  • (細胞内に移行する)乳酸イオン、酢酸イオン  ⇔ (細胞内に移行しない)塩素イオン

基準値

LAB
  • 3.4-4.5 mEq/l

パニック値

出典不明
  • 6 mEq/l(外来)
  • 7 mEq/l(入院)

尿細管での再吸収・分泌

QB.E-128
  • 再吸収  :近位尿細管、ヘンレループ
  • 分泌・吸収:集合管(QB.E-128)、遠位尿細管(QB.E-130)、皮質集合管の主細胞(参考1)

調節するファクター

  • 1. アルドステロン
  • 2. 集合管に到達するナトリウムイオン:集合管では能動的にナトリウムが再吸収されるが、電気的中性を保つために受動的にカリウムが管腔側に移動する。(参考1)

臨床関連

  • 尿中カリウムの異常
  • 低カリウム血症
  • 尿中カリウム < 20mEq/L:腎外性喪失
  • 尿中カリウム > 40mEq/L:腎性喪失

参考1

  • 1. [charged] Pathophysiology of renal tubular acidosis and the effect on potassium balance - uptodate [1]




ヘモグロビン」

  [★]

hemoglobin, Hb
血色素
酸素化ヘモグロビン脱酸素化ヘモグロビン赤血球グロビン鎖ヘモグロビン濃度

生化学

  • 67 kDa

血液内科学

  • 2種類のグロビンタンパク質が各2個集まりヘテロ4量体を形成したもの。
  • 発生段階によってできるヘモグロビンが異なる
  • α鎖系はζ→α
  • β鎖系はε→γ→β δ
  • 発生初期:ζ2ε2
  • 胎児期 :α2γ2
  • 乳児期 :α2β2(HbA), α2δ2(HbA2), α2γ2(HbF)
  • 成人
α2β2(HbA) :Hbの97%
α2δ2(HbA2) :Hbの2%
α2γ2(HbF) :Hbの2%
発生初期:ZE
成人  :B > D > G , Aは共通


機能

  • O2運搬
  • CO2運搬
  • 体液pHの調整

CO2運搬

  • 血液中に溶解する :排泄されたCO2の5%(Kaplan Q book p.101)、9%(SP.655)
  • ヘモグロビンのN末のアミノ基でカルバミン酸を形成して :排出されたCO2の15%(HBC.45)、11%(SP.655) カルバミノヘモグロビン
  • 赤血球中のCAによりbicarbonateを産生し、血漿により運搬される :排泄されたCO2のほとんど(HBC.45)、80%(SP.655)

臨床検査

  • 臨床検査では、血液1dl中のヘモグロビンの量(g)を定量する。略号はHb

基準値 (ヘモグロビン濃度)

-2007前期生理学授業プリント
  • 男性:14 - 18 (g/dl)  16±2 (g/dl)
  • 女性:12 - 16 (g/dl)  14±2 (g/dl)
異常値の出るメカニズム第5版 p.79
  • 男:13~19 g/dl
  • 女:12~18 g/dl
HIM. A-2
  • 男:13.3-16.2 g/dl
  • 女:12.0-15.8 g/dl

パニック値

出典不明
  • ≦5 g/dl、≧17.0 g/dl

輸液によるヘモグロビン濃度の上昇

  • 予測方法(1):予測されるヘモグロビン上昇(g/dl) = 投与ヘモグロビン量(g) / 循環血液量(dl)
  • 予測方法(2):濃厚赤血球2単位でおよそヘモグロビン上昇は1(g/dl)

国試




血糖値」

  [★]

blood sugar level
血中グルコース濃度グルコースGLUTヘモグロビンA1c血糖


概念

  • 100ml(1dL)に含まれるグルコースの量(mg)を示す。
  • 通常、100mg/100ml, 100mg/dL
  • 血糖値 90-180mg/dL, 5mM-10mM (グルコースは180g/molなので)
血糖値が6mMのときは、108mg/dL

基準値

文献によって異なる
食事に大きく影響される
  • 60-100 mg/dL
  • 65-110 mg/dL (医学事典)

パニック値

出典不明
  • ≦50 mg/dl、≧350 mg/dl

調節する要素

  • +
  • インスリン
  • -

計算

数字を入力してenterを押す。

mg/dl ⇔  mM


臨床関連

  • 低血糖:(成人の場合)50mg/dL以下
  • 高血糖:基準範囲を超えて高い場合で、厳密な数字はないと思われる。
  • 空腹時血糖:(境界型)110mg/dL< ≦126 mg/dL 、(糖尿病型)>126 mg/dl


水素イオン指数」

  [★]

pH hydrogen ion exponent
水素指数 hydrogen exponent
acid-base balance

基準値

  • 7.35-7.45

パニック値

出典不明
  • ≦7.2 、≧7.6




ニック」

  [★]

nick
  • 二本鎖DNAのうちの片方でホスホジエステル結合がないことによる断裂


値」

  [★]

value
価値評価



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡