バンド

出典: meddic

band
バンド形成


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/29 14:33:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • MPI_Allreduceの「京」上での実装と評価
  • 松本 幸,安達 知也,住元 真司,南里 豪志,曽我 武史,宇野 篤也,黒川 原佳,庄司 文由,横川 三津夫
  • 情報処理学会論文誌. コンピューティングシステム 5(5), 152-162, 2012-10-15
  • … Trinaryx3 アルゴリズムは,トーラス向けに最適化されており, 「京」 の特長の 1 つである複数 RDMA エンジンを活用することができる.実装を評価した結果,既存のトポロジを考慮していないアルゴリズムと比較して, 5 倍のバンド幅の向上を確認した. …
  • NAID 110009464402
  • とくしまサテライトオフィスプロジェクト 「いけるよ!徳島」政策の成果 全国屈指のブロードバンド環境で実現した地域活性化 (月刊「ニューメディア」創刊30周年記念特集 CATV編(4)ハイパーローカル 超地域密着経営 絶滅危惧種「地方」に智恵あり)

関連リンク

これから バンドを始めたい初心者のあなたに必見!! 「バンドってどうやって始めればいいの?」 「バンドを組んでみたけど、どうしていいか分からない!」 といった悩みを持つ方もいるのではないでしょうか? このサイトでは ...
バンドメンバー募集、加入する為だけに絞った機能を取り揃えた掲示板サイトです。初めての方でも効率よく作業が行えるように、簡単な仕様となっております。

関連画像

3高校からバンドやダンス バンドまとめ速報 (@band_ch  バンド」 の原型となる 「鈴華受け入れられないし俺がバンド レスカバンド(オレスカバンド  Maker MX2 - jamバンドおまけページ

添付文書

薬効分類名

  • 骨粗鬆症治療剤

販売名

ボンビバ静注1mgシリンジ

組成

成分・含有量[1シリンジ(1mL)中]
有効成分

  • イバンドロン酸ナトリウム水和物1.125mg
    (イバンドロン酸として1mg)

成分・含有量[1シリンジ(1mL)中]
添加物

  • 塩化ナトリウム8.600mg、氷酢酸0.510mg、酢酸ナトリウム水和物0.204mg

禁忌

  • 本剤の成分又は他のビスホスホネート系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 低カルシウム血症の患者[血清カルシウム値が低下し、低カルシウム血症の症状が悪化するおそれがある(「重要な基本的注意」、「重大な副作用(類薬)」の項参照)。]
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)

効能または効果

  • ○骨粗鬆症
  • 本剤の適用にあたっては、日本骨代謝学会の診断基準等を参考に、骨粗鬆症との診断が確定している患者を対象とすること。
  • 通常、成人にはイバンドロン酸として1mgを1カ月に1回、静脈内投与する。
  • 本剤はできるだけ緩徐に静脈内投与すること。
  • 本剤は月1回投与する薬剤である。本剤の投与が予定から遅れた場合は可能な限り速やかに投与を行い、以後、その投与を基点とし、1カ月間隔で投与すること。

慎重投与

  • 高度の腎障害のある患者[使用経験がなく安全性が確立していない。]

重大な副作用

アナフィラキシーショック、アナフィラキシー反応

(頻度不明注2)

  • このような症状があらわれることがあるので、投与に際しては、適切な処置のとれる準備をしておくこと。観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。なお、海外では死亡に至った例も報告されている。

顎骨壊死・顎骨骨髄炎

(頻度不明注2)

  • 顎骨壊死・顎骨骨髄炎があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部の非定型骨折

(頻度不明注2)

  • 大腿骨転子下及び近位大腿骨骨幹部の非定型骨折を生じることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

薬理作用

骨吸収抑制作用10)

  • ウサギ破骨細胞培養系において、破骨細胞が象牙切片に形成する吸収窩を減少させる(in vitro)。

骨粗鬆症モデル動物における作用

  • ラット卵巣摘除モデルにおいて、12カ月間連日皮下投与したとき、骨密度及び骨強度の低下を用量依存的に抑制した11)。また、12カ月間間欠(25日に1回)皮下投与したときにも、骨密度及び骨強度の低下を抑制した11)
  • カニクイザル卵巣摘除モデルにおいて、16カ月間間欠(30日に1回)静脈内投与したとき、骨密度及び骨強度の低下を抑制し、骨密度と骨強度には正の相関が認められた。また、血清・尿中の骨代謝マーカー(血清骨型アルカリホスファターゼ、血清オステオカルシン、尿中I型コラーゲン架橋N-テロペプチド、尿中デオキシピリジノリン)の上昇を抑制した12,13)

骨石灰化に及ぼす影響

  • 成長期ラットにおいて、7日間連日皮下投与したとき、イバンドロン酸として4780μg/kg(1000μgP/kg注6):骨量増加作用を示す用量の約100倍)の用量まで、骨石灰化過程の障害は認められなかった注7),14)
  • イヌ卵巣・子宮摘除モデルにおいて、イバンドロン酸として100μg/kg(骨量減少抑制作用を示す用量の約100倍)の用量まで、類骨幅の増加や石灰化速度の低下は認められなかった注8),15)
  • カニクイザル卵巣摘除モデルにおいて、骨量減少抑制作用を示す30及び150μg/kg(イバンドロン酸としての用量:16カ月間間欠(30日に1回)静脈内投与)では、類骨幅の増加は認められなかった12)
  • 注6)分子内に含まれるリン原子の重量をもとにした重量表示
    注7)4780μg/kgの用量では、脛骨骨幹端の成長板直下に骨基質添加の抑制に基づくと考えられる低石灰化領域が認められた。
    注8)投与前値との比較

骨折修復に及ぼす影響16)

  • 骨髄除去及び骨欠損孔作製イヌ骨折モデルに、イバンドロン酸として1μg/kgの用量を36週間連日皮下投与したとき、骨髄除去大腿骨皮質骨における骨単位数及び脛骨骨欠損孔における仮骨形成に影響は認められなかった。

作用機序

  • イバンドロン酸は、骨基質であるハイドロキシアパタイトに対する高い親和性を有しており17)、投与後骨に分布する18)。破骨細胞に取り込まれた後ファルネシルピロリン酸合成酵素を阻害し19)、これにより破骨細胞の機能を抑制することで骨吸収抑制作用を示すと考えられる。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • イバンドロン酸ナトリウム水和物
    (Ibandronate Sodium Hydrate)(JAN)

化学名

  • Monosodium
    [1-hydroxy-3-(methylpentylamino)propane-1,1-diyl]diphosphonate monohydrate

分子式

  • C9H22NNaO7P2・H2O

分子量

  • 359.23

性 状

  • 白色〜黄白色の粉末である。水に溶けやすく、メタノール、エタノール及びジメチルホルムアミドにほとんど溶けない。

融 点

  • 171℃付近で融け始め、198℃付近で分解する。


★リンクテーブル★
リンク元band」「」「バンド形成
拡張検索イバンドロン酸」「染色体バンド」「バンド3蛋白

band」

  [★]

  • n.
  • バンド、バンド形成する
  • 桿状核球 桿状核好中球
bandingcingulumzonazonaezone

WordNet   license wordnet

「a stripe or stripes of contrasting color; "chromosomes exhibit characteristic bands"; "the black and yellow banding of bees and wasps"」
banding, stria, striation

WordNet   license wordnet

「an adornment consisting of a strip of a contrasting color or material」
banding, stripe

WordNet   license wordnet

「a strip of material attached to the leg of a bird to identify it (as in studies of bird migration)」
ring

WordNet   license wordnet

「a driving belt in machinery」

WordNet   license wordnet

「a restraint put around something to hold it together」

WordNet   license wordnet

「a thin flat strip of flexible material that is worn around the body or one of the limbs (especially to decorate the body)」

WordNet   license wordnet

「a thin flat strip or loop of flexible material that goes around or over something else, typically to hold it together or as a decoration」

WordNet   license wordnet

「bind or tie together, as with a band」

WordNet   license wordnet

「a range of frequencies between two limits」

WordNet   license wordnet

「instrumentalists not including string players」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが / (色の)すじ,しま / 周波数 / …‘に'バンドを付ける」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(人の)『一隊』,『一団』,一群《+『of』+『名』》 / 『楽隊』,バンド / …'を'一隊(一団)にする / 団結する《+『together』》,(…と)一団になる《+『with』+『名』》」


帯」

  [★]

bandzone
cingulumzonazonae
ゾーン帯域帯状疱疹バンドバンド形成地帯


バンド形成」

  [★]

bandingband
結紮バンド絞扼


イバンドロン酸」

  [★]

ibandronateibandronic acid
イバンドロネート
イバンドロン酸ナトリウム水和物
ボンビバ
骨粗鬆症治療薬


  • 骨粗鬆症治療薬;ビスホスホネート系;窒素含有


染色体バンド」

  [★]

banded chromosome, chromosomal band, chromosome band
染色体


バンド3蛋白」

  [★]

band 3 protein
CD233





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡