バルビツール酸系催眠薬

出典: meddic

barbiturates
習慣性医薬品



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 油水界面における薬物の電気化学的挙動(関東支部創立40周年記念)
  • 荒井 健介
  • 分析化学 45(1), 41-53, 1996-01-05
  • 生体膜に及ぼす薬物の相互作用の情報をとらえるための計測法開発の基礎として, 薬物存在時の水/オクタノール/水の3相からなる液膜系(オクタノール液膜系)の電位自励発振現象, 並びに薬物の油水界面イオン移動ボルタンメトリーを扱った.液膜系の電位自励発振現象では, バルビツール酸系催眠薬, 局所麻酔薬, コリン作動性神経作用薬, あるいはアドレナリン作動性神経作用薬などの薬物添加時の振動パターンの変化は …
  • NAID 110002907278
  • 陰イオン性界面活性剤を含む水-オクタノール-水3相液膜系の電位自励発振現象(<特集>表面・界面・薄膜と分析化学)
  • 荒井 健介,楠 文代,高村 喜代子
  • 分析化学 40(11), 775-778, 1991-11-05
  • 陰イオン性界面活性剤を含む水-オクタノール-水3相液膜系における電位自動発振の計測を初めて試みた.液膜系の片側の水相にドデシル硫酸ナトリウムとエタノール, 油相に塩化テトラブチルアンモニウムが含まれるとき, 両水相間の電位差が数時間にわたって自発的かつ周期的に振動した.この電位発振のメカニズムを検討した結果, 電位発振は界面活性剤を入れていない水相と油相との界面で生じていることが分かった.この水相 …
  • NAID 110002907233

関連リンク

構造は尿素と脂肪族ジカルボン酸とが結合した環状の化合物である。 バルビツール酸 系は、その化学的構造の違いによって、作用発現時間や持続時間、催眠作用の強度が 異なり、短時間型、中間型、長時間型などのように分類されている。 バルビツール酸系 ...

関連画像

ベンゾジアゼピン系睡眠薬の 民間救急 - (株)つくば医療機関 睡眠薬には、バルビツール酸系 を持たせた「バルビツール酸 ベンゾジアゼピン系睡眠薬の 非バルビツール酸系催眠薬

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
先読み習慣性医薬品」「barbiturates
関連記事」「ツール」「バル

習慣性医薬品」

  [★]

addictive drug
耽溺薬依存性薬物嗜癖性薬物


barbiturates」

  [★] バルビツール酸系


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



ツール」

  [★]

tool
手段道具用具

バル」

  [★] ジメルカプロール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡