ハンプ

出典: meddic

  • 心房性利尿ペプチド

hump

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/11/14 20:33:46」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 不思議の国の社会調査(第2回)アンケート、質問紙調査、サーベイ : 意味の独裁者ハンプティ・ダンプティ
  • 騒音低減を目的とした速度抑制舗装の効果の検証
  • 高畑 浩二,藤本 恵司,村岡 克明
  • 舗装 47(7), 27-30, 2012-07
  • NAID 40019353943

関連リンク

2013年5月13日 ... ハンプ注射用1000,カルペリチド(遺伝子組換え)注射用.
ハンプ. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 移動: 案内、 検索. ハンプ. ( hump) 通行する自動車の速度を抑制するために道路上に設けられたカマボコ状の突起 。→交通静穏化; (hump) 貨車を仕分けするために操車場に設けられた丘状の設備。

関連画像

 高速での逆走防止に衝撃ハンプ ハンプ「ウェッジハンプ」をハンプ 6005 ハンプ設置&道路美装化報告ハンプ6005 2個セット hump-6005イメージハンプ』

添付文書

薬効分類名

  • α型ヒト心房性ナトリウム利尿ポリペプチド製剤

販売名

ハンプ注射用1000

組成

  • 1バイアル中に次の成分を含有

有効成分

  • カルペリチド(遺伝子組換え) 1000μg

添加物

  • D-マンニトール 375mg、
    グリシン 50mg、
    pH調節剤

禁忌

  • 重篤な低血圧、又は心原性ショックのある患者[本剤は降圧作用を有するため、その病態を悪化させる可能性がある。]
  • 右室梗塞のある患者[一般的に、右室梗塞のある患者に対して血管拡張薬や利尿薬を用いると、静脈還流が減少し、低心拍出状態を増悪させるといわれている。]
  • 脱水症状の患者[本剤は利尿作用を有するので、循環血漿量の減少している患者に投与した場合、その病態を更に悪化させる可能性がある。]

効能または効果

  • 急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)
  • 本剤は日本薬局方注射用水10mLに溶解し、必要に応じて日本薬局方生理食塩液又は5%ブドウ糖注射液で希釈し、カルペリチドとして1分間あたり0.1μg/kgを持続静脈内投与する。なお、投与量は血行動態をモニターしながら適宜調節するが、患者の病態に応じて1分間あたり0.2μg/kgまで増量できる。

慎重投与

  • 低血圧の患者

[上記の患者に本剤を投与すると過剰の前負荷軽減、利尿効果が強く発現し、過度の血圧低下が起こる可能性が高い。]

  • 右房圧が正常域にある患者(例えば5mmHg以下の患者:過度の血圧低下が発現する可能性がある)

[上記の患者に本剤を投与すると過剰の前負荷軽減、利尿効果が強く発現し、過度の血圧低下が起こる可能性が高い。]

  • 利尿剤が投与されている患者[過剰の利尿により電解質異常、心室性不整脈(心室頻拍、心室細動等)、赤血球増加、血小板増加が認められることがある。]

[上記の患者に本剤を投与すると過剰の前負荷軽減、利尿効果が強く発現し、過度の血圧低下が起こる可能性が高い。]

  • 脱水傾向にある患者

[上記の患者に本剤を投与すると過剰の前負荷軽減、利尿効果が強く発現し、過度の血圧低下が起こる可能性が高い。]

  • ネフローゼ症候群の患者[本邦で実施された臨床試験において尿蛋白が増加した例が認められた。]
  • ヘマトクリット値が著しく高い患者[ヘマトクリット値が上昇した例が報告されている1)。]
  • 重篤な肝障害、腎障害を有する患者[肝障害、腎障害を有する患者に対する使用経験が少ない。なお、重症の腎障害患者では、血漿中濃度が健康人の2倍程度に上昇し、血漿中からの消失半減期はほぼ同様の値を示したという報告がある2)。]
  • PDE5阻害薬(シルデナフィルクエン酸塩等)を投与中の患者[過度の血圧低下を来すおそれがある。]

重大な副作用

  • 血圧低下(8.6%)、低血圧性ショック(0.2%)、徐脈(0.2%)等があらわれることがある。

予防及び処置方法:本剤投与にあたっては観察を十分行い、上記のような症状があらわれた場合は減量又は中止等、また、血圧等の回復が不十分な場合あるいは徐脈を伴う場合には、輸液、アトロピン硫酸塩水和物の静注等の適切な処置を行うこと。

  • 過剰利尿(脱水)により、電解質異常(1.8%)、心室性不整脈(心室頻拍(0.2%)、心室細動(0.1%)等)、赤血球増加(0.1%)、血小板増加(0.1%)が認められることがあるので、このような症状が認められた場合は、減量又は中止等、適切な処置を行うこと。
  • 重篤な肝機能障害(頻度不明注1))が認められることがあるので、このような症状が認められた場合は、投与を中止し、適切な処置を行うこと。
  • 重篤な血小板減少(0.1%)が認められることがあるので、このような症状が認められた場合は、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

血管に対する作用13,14)

  • イヌの摘出動・静脈血管条片を濃度依存的に弛緩させ、その作用は動・静脈ともに肺血管で強くみられた。

腎臓に対する作用15)

  • イヌにおいて腎血流量、糸球体濾過率を増加させることにより、尿量及び尿中ナトリウム排泄を増加させた。

内分泌系に対する作用13)

  • ラット腎臓スライス標本においてイソプロテレノールによるレニンの分泌亢進を抑制する傾向がみられた。
  • ウシ副腎皮質球状層遊離細胞標本においてアンジオテンシンIIによるアルドステロンの分泌亢進を抑制した。

実験的心不全に対する作用16)

  • 冠状動脈結紮、容量負荷、プロプラノロール塩酸塩及びメトキサミン塩酸塩で作製した低拍出量型急性心不全モデルイヌにおいて、平均肺動脈圧及び全身血管抵抗を低下させ、心拍出量を増加させることにより、急性心不全時の血行動態を改善した。

作用機序

  • α型ヒト心房性ナトリウム利尿ポリペプチドの受容体に結合し、膜結合型グアニル酸シクラーゼを活性化させることにより細胞内のcGMPを増加させ、血管拡張作用、利尿作用等を発現すると考えられる。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • カルペリチド(遺伝子組換え)

Carperitide(genetical recombination)

分子式

  • C127H203N45O39S3

分子量

  • 3080.48

性状

  • 白色の粉末ないし塊で、酢酸臭がある。


★リンクテーブル★
リンク元血管拡張剤」「カルペリチド
拡張検索ハンプトンのこぶ徴候」「ハンプトン線」「ハンプトンハンプ

血管拡張剤」

  [★]

vasodilatorvasodilatator
血管拡張薬

商品

カルペリチド」

  [★]

carperitide
ハンプ
心房性ナトリウム利尿ペプチド ANP


ハンプトンのこぶ徴候」

  [★]

Hampton hump sign
ハンプトンハンプ, Hampton's hump, Hampton hump
肺梗塞
  • 肺梗塞で見られる胸部単純X線写真の徴候。肺野末梢に楔型の陰影が認められる。

参考

[display]http://crashingpatient.com/wp-content/images/part1/da%20hump2.png
[display]http://www.ebmedicine.net/media_library/aboutUs/Hampton%27s%20hump%20Emergency%20Medicine%20Practice.JPG



ハンプトン線」

  [★]

Hampton line, Hampton's line


  • 胃潰瘍の活動期に見られる、ニッシェ周辺の浮腫が隆起様所見として描出される (SOR.409)


ハンプトンハンプ」

  [★] ハンプトンのこぶ徴候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡