ネズミ大腸蟯虫

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ネズミ大腸蟯虫(Aspiculuris tetraptera)の産卵活動リズム
  • 安達 二朗,赤池 勇,福井 正信
  • 医学と生物学 96(3), p153-158, 1978-03
  • NAID 40000108694

関連リンク

A, D: ネズミ盲腸蟯虫(Syphacia obvelata) B, E: Syphacia muris. C, F: ネズミ大腸 蟯虫(Aspiculuris tetraptera) ... ネズミ大腸蟯虫 (Aspiculuris tetraptera) " アスピクルリス・テトラプテラ". 寄生 部位. マウスの盲腸. ラットの盲腸. マウスの結腸起始部 ...

関連画像

tetraptera (ネズミ大腸蟯虫 右: M. musculi 長谷川先生とちーすけのブログ蟯虫の特徴・実験への影響


★リンクテーブル★
関連記事大腸」「蟯虫」「」「ネズミ

大腸」

  [★]

large intestine (Z)
intestinum crassum


小腸と比べたときの大腸の特徴 (M.149)

  1. 結腸ヒモという縦走筋繊維からなる3本の太い帯を有する
  2. 結腸膨起という結腸ヒモの間の膨らみを有する
  3. 腹膜垂という脂肪の塊を含む
  4. 内径は小腸よりも大きい

大腸を構成する部位

  1. 盲腸
  2. 結腸(上行結腸横行結腸下行結腸S状結腸)
  3. 直腸
  4. (虫垂)

生理

 1)膨起性往復運動 haustralshuttling movement
 2)(単一)膨起性移送運動 segmentalhaustralpropulsion
 3)多膨起性移送運動 multihaustralpropulsion
  1) 2)により内容物のゆっくりした移動(5cm/hr)
   → 48hrで上行結腸よりS状結腸へ
 4)総蠕動mass movement(mass peristalsis,maSS PrePulsion)
    1-3回/日、強い蠕動→結腸内容物が直腸へ移動(→排便誘発)
 5)収縮回数:直腸 > S状結腸 のため内容物はS状結腸へ移動
   (通常は、直腸に内容物(-))
 6)胃大腸反射 gastro-colonic reflex
  小腸大腸反射 ileo-colonic reflex:胃、小腸に内容物-→結腸に総蠕動(+)

*排便
1)解剖
①内肛門括約筋internalanal
②外肛門括約筋externalanal
sphincter---平滑筋
sphincter山-一横紋筋

2)排便のメカニズム
i)総蠕動一糞便直腸へ
ii)直腸内圧〉20Ⅷ舶g ⇒ 直腸壁伸展⇒ 仙髄排便中枢(S2-4)
  ⇒  ①高位中枢(便奇形成)
      ②排便反射defecation reflex
           内肛門筋弛緩
           外肛門筋収縮(一過性)
          直腸蠕動運動(⇒内圧をさらに高める)
iii) 内圧45-55mmHg以上
    内容物200ml以上
    便意による排便動作 外肛門筋弛緩
               腹筋、横隔膜収縮


蟯虫」

  [★]

pinwormEnterobius vermicularisEnterobiusoxyurid
ギョウチュウ属ギョウチュウ蟯虫類エンテロビウスエンテロビウス属Enterobius属ギョウチュウ目ギョウチュウ上科


虫」

  [★]

wormbug
寄生虫バグ

ネズミ」

  [★]

鼠、齧歯目、ネズミ亜目




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡