ニコチンアミドモノヌクレオチド

出典: meddic

nicotinamide mononucleotide NMN
ニコチンアミドリボヌクレオチド
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド NADニコチンアミド


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (nicotinamide adenine dinucleotide) とは、全て の真核生物と多くの古細菌、真正細菌で用いられる電子伝達体である。さまざまな脱水 素酵素の補酵素として機能し、酸化型 (NAD+) および還元型 (NADH) の2つの状態を ...
ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン さん、nicotinamide adenine dinucleotide phosphate)とは、光合成経路あるいは解糖 系のエントナー-ドウドロフ経路などで用いられている電子伝達体である。

関連画像

クエン酸を多く含む食品】ニコチンアミドリボシドキナー NAD+:ニコチンアミドアデニン


★リンクテーブル★
先読みニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」「ニコチンアミド」「NAD」「NMN
リンク元nicotinamide mononucleotide
関連記事ニコチン」「モノ」「ヌクレオ

ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド」

  [★]

nicotinamide adenine dinucleotide, NAD, NAD+
ビタミンビタミンB3ナイアシンニコチン酸ニコチンアミドNADP

機能

補酵素

  • 酸化還元酵素の補酵素 プロトンのキャリアー(あるいは電子受容体)と考えることができる。
NAD+ + H+ + 2e- → NADH
NAD+ + AH2 → NADH + H+ + A</span>
  • TCA回路や脂肪酸のβ酸化で用いられる。
  • ニコチンアミドに由来するピリジン環でプロトンを受容する。

基質

NAD and NADP are active in adenine diphosphate–ribose transfer reactions involved in DNA repair and calcium mobilization(HIM.443)
  • DNAリガーゼ
  • ADPリボシル反応

生合成

  • 肝臓
  • 1. トリプトファン → キノリン酸 →
  • 2. ニコチン酸、ニコチンアミド →

NADとNADHの比

  • 組織が十分に酸素を得ているとき:↑NAD/NADH  ← 生成された還元力が酸化的リン酸化によるATPの産生に十分使われている状態
  • 梗塞や運動時:↓NAD/NADH

NADHとNADPHの比

  • NADH:異化:各種の基質の還元剤 → 基質を脱水素しエネルギーを得る
  • NADPH:同化:合成反応の還元剤

臨床関連

  • NADの欠乏



ニコチンアミド」

  [★]

nicotinamide
ニコチン酸アミドナイアシンビタミンBvitamin B3、Nicobid
  • ビタミンB群の一種


NAD」

  [★]


NMN」

  [★] ノルメタネフリン normetanephrine

nicotinamide mononucleotide」

  [★]

  • ニコチンアミドモノヌクレオチド

ニコチン」

  [★]

nicotine
nicotinum
ニコレットニコチネルTTS
他に分類されない治療を主目的としない医薬品


作用

  • 自律神経節に作用、、、結果として血圧を上昇させる。

臨床関連


モノ」

  [★]

mono
単一


ヌクレオ」

  [★]

nucleo




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡