ナブメトン

出典: meddic

nabumetone
レリフェン
非ステロイド性抗炎症薬


-nabumetone


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アルブミンサイト2結合阻害薬である6-メトキシー2-ナフチル酢酸によるフチルビプロフェンの蛋白結合阻害に関する基礎的検討
  • 徳永 仁,高村 徳人,緒方 賢次,吉田 裕樹,瀬戸口 奈央,近藤 照義,西尾 豊隆,川井 恵一
  • 九州保健福祉大学研究紀要 11, 153-158, 2010-03
  • … 6-メトキシ-2-ナフチル酢酸(6MNA)は、NSAIDの1つであるナブメトンの活性代謝産物である。 … 臨床におけるナブメトンの併用はFPのようなサイトII結合性薬物の標的組織への移行量を増加させ、少量においても効果を高める可能性が示唆された。 …
  • NAID 110007577972
  • P-539 アルブミン分子上におけるサイトII結合阻害薬ナブメトン(レリフェン)と脂肪酸の変化を利用した投与法に関する基礎的検討(10.TDM・投与設計,"薬剤師がつくる薬物治療"-薬・薬・学の連携-)
  • 徳永 仁,高村 徳人,帖佐 悦男,藤田 健一,奥村 学,山崎 啓之,横田 崇,緒方 賢次,日高 宗明,黒木 教彰,甲斐 晃弘,千代反田 晋,中村 禎志,川井 恵一,有森 和彦
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 14, 351, 2004-09-01
  • NAID 110006960005

関連リンク

レリフェンとは?ナブメトンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる( おくすり110番:薬事典版)
6-メトキシ-2-ナフチル酢酸(6MNA)は、NSAIDの1つであるナブメトンの活性代謝産物で ある。 … 臨床におけるナブメトンの併用はFPのようなサイトII結合性薬物の標的組織へ の移行量を増加させ、少量においても効果を高める可能性が示唆された。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元nabumetone

nabumetone」

  [★]

ナブメトン

WordNet   license wordnet

「a nonsteroidal anti-inflammatory drug (trade name Relafen)」
Relafen




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡