ドーパミン作用薬

出典: meddic

ドパミン作用薬

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 理学療法のための薬理学  III.パーキンソン病および糖尿病治療薬:III.パーキンソン病および糖尿病治療薬
  • ドパミン作用薬のD2受容体ファミリーに及ぼす作用の検討

関連リンク

【ベストアンサー】まず、「ドーパミン作動薬」についてですが、「ドーパミン」という物質は、脳の中枢神経系で神経の伝達に重要な働きをしている物質です。主に、運動、学習、意欲や ...
パーキンソン病治療、原因、薬、メカニズムなどについて解説しているサイトです。 ... D2受容体刺激薬 ドパミン受容体を刺激してアセチルコリンによるパーキンソニズムを抑える薬。 パーロデル (ブロモクリプチン)
ドーパミン神経の変性に伴ってドーパミン受容体の感受性が亢進しているため、ドーパミン作用薬によってドー パミン受容体が過剰に反応する結果、 dyskinesia などの異常な不随意運動が生じる。 燃えつき現象 wearing-off:薬効時間 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ドパミン系薬物」「ドーパミン系薬物
関連記事」「作用」「ドーパミン

ドパミン系薬物」

  [★]

dopaminergic agentdopaminergic drugdopamine agent
ドーパミン作用薬ドパミン作用薬ドーパミン系薬物


ドーパミン系薬物」

  [★]

dopaminergic agentdopaminergic drug
ドーパミン作用薬ドパミン作用薬ドパミン系薬物

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



作用」

  [★]

actioneffectact
影響行為、効果、行動効力作動措置働く効能条例


ドーパミン」

  [★] ドパミン dopamine DA




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡