ドーパミン作動性ニューロン

出典: meddic

dopaminergic neuron
ドパミンニューロンドーパミンニューロンドパミン神経ドーパミン神経ドパミン作働性ニューロンドーパミン作働性ニューロンドパミン作動性ニューロン
ドーパミン
[show details]


概念

ドーパミン受容体

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/05 05:29:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ビタミンC及びE共投与の胎生期ラット腹側中脳におけるチロシン水酸化酵素及びNurr1の発現への影響(解剖学)
  • LEE Hae Young,NAHA Nibedita,ULLAH Najeeb,JIN Guang Zhen,KONG II Keun,KOH Phil Ok,SEONG Hwan Hoo,KIM Myeong Ok
  • The journal of veterinary medical science 70(8), 791-797, 2008-08-25
  • チロシン水酸化酵素(TH)は,ドーパミン生合成の律速酵素であり,ビタミンC投与により活性化される.Nurr1遺伝子は,脳で顕著に発現しており,中脳のドーパミン作動性細胞の発達と生存に重要である.しかし,Nurr1の発現におけるビタミンCないしEの役割は明らかではない.また,TH発現におけるビタミンC及びEの相乗効果についても,臨床的な実験は未だ行われていない.そこで我々は,胎齢13.5日のラットの …
  • NAID 110006878926
  • 薬物療法--まずドパミン・アゴニスト L-ドパはなるべく少量に (シンポジウム パーキンソン病を学び直す)
  • 久野 貞子
  • 日経メディカル (414), 119-122, 2002-05
  •  パーキンソン病は,中脳黒質緻密質にあるドパミン作動性ニューロンの変性・脱落(細胞死)によって,パーキンソニズムと呼ばれる錐体外路性運動障害を生ずる疾患である。その治療法は,症状の改善(QOLの改善)を目的とする対症療法と,神経変性の進行遅延(予後の改善)を目的とする神経保護療法に大別される。
  • NAID 40002811580
  • パ-キンソン病の診断と治療-3-パ-キンソン病の病理学的所見と生化学的背景--ド-パミン作動性ニュ-ロンとノルアドレナリン作動性ニュ-ロン

関連リンク

ドーパミン作動性ニューロン(—さどうせい—、dopaminergic neuron)は神経伝達物質 としてドーパミンを放出するニューロンである。 目次. 1 哺乳類のドーパミン作動性 ニューロン; 2 脚注; 3 関連項目; 4 外部リンク. [編集] 哺乳類のドーパミン作動性 ニューロン ...
脳の中にはおよそ1兆個の神経細胞がありますが、そのなかにはドーパミンにしか反応 しない神経も存在します。 この神経は快感を伝達する神経といわれいて、「ドーパミン 作動性神経」と呼ばれています。 ドーパミン神経細胞は、「快の情報」に関わり、それ ...

関連画像

 ドーパミン 作動 性 ニューロンドーパミン作動性ニューロンの  : ドーパミン作動性ニューロンドーパミン作動性ニューロンの Application No. 90内ドーパミン作動性ニューロン


★リンクテーブル★
リンク元ドパミン受容体」「黒質」「core promoter」「ドパミン作働性ニューロン」「ドパミン作動性ニューロン
関連記事ニューロン」「作動」「ドーパミン作動性」「ドーパミン」「ニューロ

ドパミン受容体」

  [★]

dopamine receptor DA-R
ドーパミン受容体
ドパミンドーパミン作動性ニューロン受容体カテコールアミン受容体
[show details]
  • GOO.249
  • 7回膜貫通型Gタンパク共役型受容体
  • D1受容体
Gsアデニル酸シクラーゼ活性化→[cAMP]i
低用量での血管拡張はこの受容体を介して起こる
大脳基底核の神経回路では直接路にかかわる(SP.377)。
Giアデニル酸シクラーゼ抑制→[cAMP]i↓、K+チャネル活性化、Ca2+チャネル抑制
中枢神経系に存在
シナプス後ニューロン、ドーパミン作動性ニューロンの細胞体・樹状突起軸索・終末部に存在し、興奮性の調節に関わる
autoreceptor
大脳基底核の神経回路では間接路にかかわる(SP.377)。

作動薬(アゴニスト)

拮抗薬(アンタゴニスト)



黒質」

  [★]

substantia nigra (KH)
黒核 intercalatum, nucleus nigra
錐体路

概念

  • 図:KA.105
  • 中脳
  • メラニンに富む神経細胞からなる
  • ドーパミン作動性ニューロンに富む
  • 大脳基底核に含められている。 ←(KL.にはそう書いてないけど?)

解剖


臨床関連

  • ドーパミン作動性ニューロンの脱落により発病


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




core promoter」

  [★]


ドパミン作働性ニューロン」

  [★] ドーパミン作動性ニューロン


ドパミン作動性ニューロン」

  [★] ドーパミン作動性ニューロン


ニューロン」

  [★]

neuron, nerve cell
神経細胞、神経元?、神経単位?

組織学

構造

分類




作動」

  [★]

オペレーティング機能行為作用手術操作措置オペ運用操縦施行


ドーパミン作動性」

  [★]

dopaminergic
ドパミン作動性ドパミン系ドーパミン系


ドーパミン」

  [★] ドパミン dopamine DA


ニューロ」

  [★]

neuro
神経




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡