トレチノイン

出典: meddic

tretinoin
ベサノイドオルセノン
レチノイン酸オールトランスレチノイン酸 all-trans-retinoic acidトランスレチノイン酸、Retin-A、retinoic acidtrans-retinoic acid


  • 急性前骨髄球性白血病治療薬;ビタミンA活性代謝物


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/14 10:20:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 経験 顔面の陥凹瘢痕に対するトレチノインを併用した炭酸ガスレーザー治療
  • 中山 玲玲,尾﨑 峰,小林 よう [他]
  • 形成外科 56(2), 205-211, 2013-02
  • NAID 40019585545
  • P1-402 トレチノイン経口困難患者に対する投与方法の検討(がん薬物療法(その他),ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!)
  • 竹内 裕恵,神戸 香織,山根 和枝,牧問 美和子,吉村 卓子,大坪 卓弥,田中 孝幸
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 22, 333, 2012-10-10
  • NAID 110009618475
  • 2PT148 ヒトレチノイン酸結合蛋白質をスカッフォールドとする蛋白質のスクリーニング(日本生物物理学会第50回年会(2012年度))
  • Nakada Hinako,Itoh Nobuya,Makino Yoshihide
  • 生物物理 52(SUPPLEMENT_1), S130, 2012-08-15
  • NAID 110009585181

関連リンク

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とはビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50-100倍であり、ビタミンA類の体内での生理活性の本体そのものであります。このトレチノイン(レチノイン酸)は ...
トレチノインは東京の当美容皮膚科で。クリームの用法・効果の説明など美容皮膚科医が丁寧にトレチノイン治療にあたります。 ... トレチノインの注意点 保存方法 トレチノインは熱と光に弱いため冷蔵庫で保管して下さい。 ...

関連画像

体のトレチノイン濃度変更 トレチノイン ハイドロキノントレチノイン・ハイドロキノン トレチノイン|シミの治療法  トレチノインとハイドロキノントレチノイン軟膏+5%ハイド

添付文書

薬効分類名

  • 褥瘡・皮膚潰瘍治療剤

販売名

※オルセノン軟膏0.25%

組成

成分・含量(1g中)

  • トレチノイン トコフェリル2.5mg

添加物

  • ジブチルヒドロキシトルエン、軽質流動パラフィン、セタノール、モノステアリン酸ポリエチレングリコール、ミリスチン酸イソプロピル、濃グリセリン、D-ソルビトール液、パラオキシ安息香酸メチル、パラオキシ安息香酸プロピル、乳酸、水酸化ナトリウム

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、糖尿病性潰瘍、下腿潰瘍)
  • 熱傷潰瘍に本剤を使用する場合、本剤の対象は熱傷後の二次損傷により生じた熱傷潰瘍であるので、新鮮熱傷に対しては他の適切な療法を考慮すること。
  • 症状及び病巣の大きさに応じて適量を使用する。
    潰瘍面を清拭後、1日1〜2回ガーゼなどにのばして貼布するか、又は患部に直接塗布する。

薬効薬理

  • トレチノイン トコフェリルは、創傷自然治癒の増殖過程や組織修復過程において創傷部に出現するマクロファージ、線維芽細胞及び血管内皮細胞に創傷部位で直接作用し、血管新生を伴った肉芽形成を促す。

創傷治癒促進作用

綿球肉芽形成促進作用

  • ラットの綿球肉芽形成試験において、良好な肉芽形成促進作用を示す。10)

皮膚欠損傷治癒促進作用

  • ラットの皮膚欠損傷治療試験において、ベンダザック又はリゾチーム塩酸塩の軟膏と同等、又は、より強い創傷面積縮小効果を示す。11)

切傷治癒促進作用

  • ラットの皮膚切傷治療試験において、創耐張力増強作用を示す。11)

熱傷治癒促進作用

  • ラットの熱傷治療試験において、ベンダザック又はリゾチーム塩酸塩の軟膏に比較し良好な治癒促進作用を示し、完全治癒日数を短縮する。11)

血管新生促進作用

  • ラットの綿球肉芽形成試験において、肉芽形成と共に著明な血管新生作用を示す。10)

作用機序

細胞遊走促進作用

  • モルモット腹腔マクロファージ及びヒト皮膚線維芽細胞に対して遊走活性増強作用を示す。
    ヒト血管内皮細胞に対しては、単独では活性を示さないものの、フィブロネクチン存在下では有意に細胞遊走を促進する。12)

細胞増殖促進作用

  • ヒト皮膚線維芽細胞の増殖を促進する。13)

肉芽中の結合組織成分への影響

  • in situにおいて、コラーゲンやグリコサミノグリカンなどの結合組織成分を増加させる。10)


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • トレチノイン トコフェリル(Tretinoin Tocoferil)[JAN]

化学名

  • (±)-3,4-dihydro-2,5,7,8-tetramethyl-2-(4,8,12-trimethyl-tridecyl)-2H-1-benzopyran-6-yl(2E,4E,6E,8E)-3,7-dimethyl-9-(2,6,6-trimethyl-1-cyclohexen-1-yl)-2,4,6,8-nonatetraenoate

分子式

  • C49H76O3

分子量

  • 713.13

性状

  • 本品は黄色澄明の松ヤニ状物質で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はない。
    本品は、酢酸エチル、クロロホルム、ジエチルエーテル又はヘキサンに極めて溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けにくく、メタノールに極めて溶けにくく、水にほとんど溶けない。
    本品は光により、影響を受けやすい。


★リンクテーブル★
先読みレチノイン酸」「trans-retinoic acid」「all-trans-retinoic acid
リンク元オールトランスレチノイン酸」「トランスレチノイン酸
拡張検索イソトレチノイン」「トレチノイントコフェリル
関連記事チノ

レチノイン酸」

  [★]

retinoic acid RA
ビタミンA酸 vitamin A acid
レチノール retinolvitamin A


trans-retinoic acid」

  [★]

トランス型レチノイン酸トランスレチノイン酸trans-レチノイン酸

all-trans-retinoic acidretinoic acidtretinoin


all-trans-retinoic acid」

  [★] オールトランスレチノイン酸 ATRA


オールトランスレチノイン酸」

  [★]

all-trans-retinoic acidATRA, all-trans retinoic acid
全トランス型レチノイン酸
トレチノイン tretinoinレチノイン酸トランスレチノイン酸all-transレチノイン酸
分化誘導療法
[show details]



トランスレチノイン酸」

  [★]

trans-retinoic acid
トレチノインレチノイン酸オールトランスレチノイン酸トランス型レチノイン酸trans-レチノイン酸


イソトレチノイン」

  [★]

13-cis-retinoic acid, accutane
アックタン、ネオビタミンA酸、(13Z)-レチン酸、13-cis-ビタミンA酸、13-cis-レチノイン酸、13-cis-レチン酸
[[]]
[show details]


トレチノイントコフェリル」

  [★]

tretinoin tocoferil
トコレチナート tocoretinate
オルセノン
トレチノイン


チノ」

  [★] ケノデオキシコール酸




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡