デカメトニウム

出典: meddic

decamethonium


和文文献

  • サクシニールコリン及びデカメトニウムの二重効果(Dual Effect)について : 第二編 臨床実験
  • サクシニールコリン及びデカメトニウムの二重効果(Dual Effect)について : 第一編 動物実験

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - デカメトニウムの用語解説 - 競合的遮断薬の代表は塩化ツボクラリンで,伝達物質アセチルコリンが受容体に結合するのを妨げる。一方,脱分極性遮断薬の代表的なものはスキサメトニウム(サクシニルコリン ...
デカメトニウム 終板のACh受容体と結合して終板の持続的な脱分極を起こし、AChに対する 感受性を低下させ、骨格筋の弛緩を生ずる。 コリンエステラーゼにより速やかに加水分解されるため、コリンエステラーゼ阻害薬の 投与は筋弛緩 ...

関連画像

薬効の評価 実習資料 薬品作用 薬効の評価 実習資料 薬品作用


★リンクテーブル★
リンク元薬理学」「ニコチン受容体」「脱分極性筋弛緩薬」「脱分極性遮断薬」「C10
拡張検索デカメトニウム化合物
関連記事カメ

薬理学」

  [★]

pharmacology
drug entries


定義

  • 生物系と化学物質の選択的な相互作用を研究する学問 (SPC.2)

生物系と薬の相互作用

  • 薬の生物系に対する相互作用:薬理作用 <-化学の視点
  • 生物系の薬に対する相互作用:薬物動態 <-生物の視点

関連分野

  • 薬物学 materia medica
  • 生薬学
  • 実験薬理学
  • 臨床薬理学
  • 動物薬理学
  • 人体薬理学
  • 比較薬理学
  • 薬理作用学(薬力学)
  • 薬物動態学
  • 中毒学、毒科学
  • 薬物治療学
  • 処方学

薬品の命名

Ending of the drug name Category Example
~afil Erectile dysfunction sildenafil
~ane Inhalatinal general anesthetic halothane
~azepam Benzodiaizepine diazepam
~azine Phenothiazine (neuroleptic, antiemetic) chlorpromazine
~azole Ailtifungal ketoconazole
~barbital Barbiturate phenobarbital
~caine Local anesthetic lidocaine
~cillin Penicillin methicillin
~cycline Antibiotic, protein syntlesis inhibitor tetracycline
~ipramine TCA iimipramine
~navir Protease inhibitor saquinavir
~olol β-antagonist propranolol
~operidol Butyrophenone ( neuroleptic ) haloperidol
~oxin Cardiac glycoside ( inotropic agent ) digoxin
~phylline Methylxanthine theophylline
~pril ACE inhibitor captopril
~terol β2 agonist albuterol
~tidine H2 antagonist cimtidine
~triptyline TCA amitriptyline
~tropine Pituitary hormone somatotropine
~zosin a1 antagonist prazosin

薬一覧

薬物代謝

薬理動態

神経伝達物質

神経筋接合部遮断薬(筋弛緩薬)

交感神経作動薬

アドレナリン受容体

交感神経遮断薬

アドレナリン受容体

副交感神経作動薬

アセチルコリン受容体

副交感神経遮断薬

アセチルコリン受容体

貧血治療薬

甲状腺関連物質

痛風治療薬

  • 痛風発作予防薬
  • 尿酸排泄促進薬
  • 尿酸生成抑制薬


ニコチン受容体」

  [★]

nicotinic receptor
ニコチン性受容体ニコチン性アセチルコリン受容体
アセチルコリン受容体アドレナリン受容体
  • 神経筋接合部の運動終板に存在するニコチン性受容体:NM受容体
  • 神経筋接合部では、4種類5個のサブユニットからなる→五量体
α1, α1, β1, γ, δ ← 胎児
α1, α1, β1, ε, δ ← 成人
  • 自律神経節、副腎髄質に存在するニコチン性受容体:NN受容体
  • GOO. 155
受容体 サブユニット 局在 透過するイオン 作動薬 阻害薬
NM受容体 胎児 1)2, β1, γ, δ 骨格筋神経筋接合部 Na+, K+ アセチルコリン
ニコチン
スキサメトニウム
デカメトニウム
ベクロニウム
パンクロニウム
アトラクリニウム
d-ツボクラリン
成人 1)2, β1, ε, δ
NN受容体 3)2, (β4)3 自律神経節
副腎髄質
Na+, K+ アセチルコリン
ニコチン
epibatidine
dimethylphenylpiperazinium
triethaphan
mecamylamine
CNS 4)2, (β4)3 postjunctional
prejunctional
Na+, K+ cytisine, epibatidine
anatoxin A
mecamylamine
dihydro-β-erythrodine
erysodine
lophotoxin
7)5 postsynaptic
presynaptic
Ca2+ anatoxin A methyllycaconitine
α-bungarotoxin
α-conotoxin
IMI



脱分極性筋弛緩薬」

  [★]

depolarizing muscle relaxant
脱分極性神経筋遮断薬 depolarizing neuromuscular blocker、脱分極性神経筋接合部遮断薬 depolarizing neuromuscular junction blockingagent
非競合的筋弛緩薬非競合的神経筋遮断薬脱分極性神経筋遮断薬 ←この使われ方は一般的ではない
競合的筋弛緩薬



脱分極性遮断薬」

  [★]

depolarizing blocking drugs
非脱分極性遮断薬神経筋接合部遮断薬
効きが早く、持続時間が長い
  • 1-2分程度の筋攣縮がおき、Na+チャネルが不活化される (第I相遮断)


C10」

  [★]

decamethonium


デカメトニウム化合物」

  [★]

decamethonium compound


カメ」

  [★]

turtletortoisechelonian




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡