テンションフリー・ヘルニア修復術

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

テンションフリー修復術について 使用するメッシュの形状やアプローチの仕方によりテンションフリー修復術は大きく5つの方法に分類されます。もっとも初めに普及した術式はLichtensteinによって広められたLichtenstein法です。
テンションフリー法は術後のつっぱりを完全になくすために1990年代に米国で開発された鼠径ヘルニアの手術方法です.日本では鼠径ヘルニアの手術は長い間、従来法が主流でしたが現在はテンションフリー法であるプラグ法が主流である.

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事ヘルニア」「修復」「フリー」「」「修復術

ヘルニア」

  [★]

hernia
脱腸
真性ヘルニア true hernia


  • 鼡径部ヘルニア



修復」

  [★]

reparation
再生


定義

  • 損傷→修復→瘢痕形成
  • 再生との違いは結合組織により欠損を補う
  • 機能障害と組織変形をもたらす

修復の形

  • 瘢痕の形成
皮膚、腎臓、脾臓
  • 線維化
慢性炎症が起こった組織に起こる
結合組織が実質細胞の間に入り込む


フリー」

  [★]

free
自由取り除く無料遊離遊離型含まない


術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


修復術」

  [★]

repair
修復手入れ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡