チオ尿素誘導体

出典: meddic

thiourea derivative


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • チオ尿素誘導体からのヘテロ環化合物の合成
  • 小伯 満生,永井 正敏
  • 特別教育・研究報告集 2007年度, 95-98, 2007
  • NAID 40017042160
  • アニオンセンサー用ニュートラルキャリヤーとしての樹状及び環状チオ尿素誘導体の性能(<特集>若手研究者の初論文特集)
  • 内田 幸恵,小松 佑一朗,佐藤 仁美 [他],矢嶋 摂子,木村 恵一,戸部 義人,佐々木 真一,水野 雅章,渡辺 陽平,廣瀬 敬治
  • 分析化学 53(9), 943-952, 2004-09-05
  • 親水性アニオンを検出可能なニュートラルキャリヤーとして,1つのチオ尿素部位にデンドリマーを導入した化合物,3つ又は4つのチオ尿素部位を合む化合物,3つのチオ尿素部位を合む環状構造をもつ化合物を設計・合成した.有機溶媒中において,これら化合物とリン酸イオンとの会合定数を求めたところ,どの化合物についてもリン酸イオンに対して高い会合定数が得られた.更に,イオン選択性電極のニュートラルキャリヤーとして用 …
  • NAID 110002905452
  • 高速原子衝撃質量分析法によるチオイミデートエステル塩の分析
  • 小林 良夫,川本 範之,佐藤 義蔵
  • 分析化学 41(9), 441-446, 1992-09-05
  • … チオイミデートエステル塩の高速原子衝撃質量分析(FABMS)について検討した.チオアミド類又はチオ尿素誘導体と臭化アルキルの加熱反応から得た種々のチオイミデートエステル塩を対象に測定を行ったところ, いずれの化合物からも分子カチオンが明りょうに観測され, ほとんどの場合で基準ピークとして認められた.又, 基本的なフラグメンテーションの進行は, プロトン化チオアミド型イオンの生成に続き, 同イオンの …
  • NAID 110002906443

関連リンク

目次. 1 概要; 2 有機分子触媒のいろいろ. 2.1 プロリン及びその誘導体; 2.2 マクミラン 触媒; 2.3 不斉相間移動触媒; 2.4 環状ケトン誘導体; 2.5 チオ尿素; 2.6 N-ヘテロサイ クリックカルベン; 2.7 その他. 3 参考文献 ...

関連画像

チオ尿素, molecular structureメチルチオ尿素, molecular 式(XI)中、R 1 、R 2 、R Bis{[6-(tert-butyldimethylsilyloxy ii)上記一般式(I)中、Xが チオ尿素誘導体 (樹脂の硬化


★リンクテーブル★
関連記事尿素」「誘導」「誘導体」「

尿素」

  [★]

urea
カルバミド carbamideウレア
アセチロールイソジンシュガーパスタウリモックスウレアウレパールカフコデN配合ケラチナミンケラベンスコンベルビーノルニチカミンパスタロンパステルハップ ビタルファピロニックプラチアミンブロバリンブロムワレリル尿素 ベギンユービットワイドコール
尿素クリアランスウレアーゼ
  • 溶解度 700g/L

O=C(NH2)2

腎臓

  • 多くの組織では浸透圧物質として無効であるが、腎臓のネフロンの多くの部位では有効な浸透圧物質である (文献名不明 p.373)
  • 再吸収:近位尿細管、集合管(ADH作用時)
  • 分泌 :ヘンレプールの細い部分
  • GFRが低下すると血中尿素濃度と血中クレアチン濃度は上昇し、GFRが正常の1/3-1/4になると顕著となる。

腎髄質での尿濃縮機構

  • 腎臓における尿の濃縮は(1)腎髄質の浸透圧勾配(NaCl尿素が形成)と(2)集合管による水透過性に支配されている。
  • 尿素が腎髄質の浸透圧勾配に重要な役割を果たしている。
  • シスプラチンは尿素サイクルを抑制し、尿濃縮機構を障害する。


臨床関連

  • GFRが低下して血中に窒素化合物が蓄積している状態




誘導」

  [★]

inductionguidancederivationinduceinductive
ガイダンス指導導入引き起こす誘起誘導性誘導的誘発帰納的帰納法溶原菌


誘導体」

  [★]

derivativeanalogderivate
アナログ系薬物派生的類縁体類似体類似物派生物類似化合物


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡