チオクロム

出典: meddic


和文文献

  • ビタミンB1定量法に関する思い出
  • 糸川 嘉則
  • ビタミン 79(1), 1-2, 2005-01-25
  • … その当時のB1定量法はBargerが考案したB1をチオクロムという蛍光物質に変換し, 蛍光の強度を測定する赤血塩酸化法(1935)を藤原教授が改良したBrCN法である. …
  • NAID 110002880360
  • ポストカラム高速液体クロマトグラフィーによる点眼液中のアラントイン及びタウリンの同時定量
  • 横山 俊夫,木下 俊夫
  • 分析化学 40(7), 349-353, 1991-07-05
  • アラントイン及びタウリンを次亜塩素酸ナトリウムにより酸化した後, 生成した塩素化物と, チアミンとのチオクローム反応によって発蛍光させるポスト力ラム検出法を開発し, これを用いたHPLCによる製剤中の両化合物の同時定量法を確立した.分離カラムはIonpac KC-811を45℃で, 移動相は0.1%リン酸を用いた.カラム溶出液に次亜塩素酸試薬を混合し反応コイルAに導入した.次にチアミン試薬を混合し …
  • NAID 110002906292

関連リンク

栄養・生化学辞典 - チオクロームの用語解説 - チアミンをアルカリ性フェリシアン化カリウムで酸化すると,チオクロームという蛍光物質に変わる.この反応を利用してチアミンが定量される.
記事「チオクロム」に関する感想・その他のコメントはこちらで。 記事の編集に関わる議論・質問は「チオクロム」の ... 記事「チオクロム」に関する感想・その他のコメントはこちらで。 記事の編集に関わる議論・質問は ...
Shalon Kreutzer 実習項目:ビタミン B 1 の試験 ・目的 水溶性ビタミン(ビタミン B 1 )の定量を行い、けい光光度法の原理、けい光光度計の使用方法についても理解する。試料には調製試料を用いる。 ・原理 ビタミン B 1 (チアミン)は ...

関連画像

アスコルビン酸)、B(大根 食品学実験2/栄2(ビタミンの 食品学実験2/管/ビタミンの定性 じゃあ、取り出したビタミン 食品学実験2/栄2/ビタミンの 生乳用容器および体細胞数測定


★リンクテーブル★
関連記事クロム

クロム」

  [★]

chromiumchromeCr
クロム中毒





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡