ダイノルフィン

出典: meddic

dynorphin
  • 神経伝達物質
  • 内因性オピオイドペプチド

ダイノルフィンA

  • 中枢作用
鎮痛、筋弛緩性麻痺、胴体回転運動
  • 末梢作用
腸管収縮抑制

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/08/26 15:45:21」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 3P-174 ^<13>C NMRによるオピオイドペプチドダイノルフィンと,κ-受容体細胞外第2ループの相互作用解析(生体膜・人工膜-構造・物性,第47回日本生物物理学会年会)
  • Sasaki Yoshiyuki,Miyamori Takenori,Naitou Akira,Kawamura Izuru,kira Atsushi
  • 生物物理 49(SUPPLEMENT_1), S180, 2009-09-20
  • NAID 110008102028
  • 1P-219 ^<13>C-NMRによるオピオイドペプチドダイノルフィンとK-オピオイド受容体ECL-2との相互作用解析(生体膜/人工膜・構造物性,第46回日本生物物理学会年会)
  • Sasaki Yoshiyuki,Miyamori Takenori,kira Atsushi,Kawamura Izuru,Naito Akira
  • 生物物理 48(SUPPLEMENT_1), S55, 2008-10-25
  • NAID 110007013381

関連リンク

ダイノルフィン (dynorphin) は、オピオイド(内在性のアヘン類縁物質)の一種であり 、ペプチドである。 プロダイノルフィン遺伝子 (Pdyn) がコードしており、前駆体 タンパクが翻訳後にプロセシングを受けてダイノルフィンA、ダイノルフィンB、α-ネオ ...

関連画像

 ダイノルフィン(DYN麻酔科領域のトップジャーナル と発火を止めるダイノルフィン モルヒネ、ダイノルフィン 内因性オピオイドによるかゆみ  ダイノルフィンの三重染色像


★リンクテーブル★
リンク元オピオイド受容体」「神経伝達物質」「麻薬性鎮痛薬」「内因性オピオイドペプチド
拡張検索プロダイノルフィン」「ダイノルフィンA

オピオイド受容体」

  [★]

opioid receptor
モルヒネ受容体 morphine receptor
オピオイドペプチドオピオイド
  • オピオイド受容体はμ受容体、κ受容体、δ受容体がある。
  • モルヒネフェンタニルはμ受容体刺激薬
  • 呼吸抑制はμ2受容体を介したものである。


オピオイドとオピオイド受容体 (GOO.552)

  μ受容体 δ受容体 κ受容体
薬物
モルフィン +++   +
フェンタニル +++    
ブトルファノール P   +++
ブプレノルフィン P   --
ナロキソン --- --
ナロルフィン ---   +
内因性オピオイドペプチド
Met-エンケファリン ++ +++  
Leu-エンケファリン ++ +++  
β-エンドルフィン +++ +++  
ダイノルフィンA ++   +++
ダイノルフィンB + + +++

オピオイド受容体の生理作用(周術期管理学 091211 III)

受容体 μ δ κ
μ1 μ2
作用 鎮痛 鎮痛 鎮痛 鎮痛
悪心・嘔吐 鎮静 鎮静 身体依存
多幸感 呼吸抑制 身体違和感 精神依存
掻痒感 身体依存 気分不快 呼吸抑制
縮瞳 精神依存 興奮  
尿閉 消化器運動抑制 幻覚
  鎮咳 鎮咳
  呼吸抑制
縮瞳
利尿


オピオイド受容体と非麻薬性鎮痛薬について

身体依存性

  • 痛みがある人には精神的依存はきたさない(痛みの有無によらず退薬現象はある)


神経伝達物質」

  [★]

neurotransmitter (SP)
ニューロトランスミッター化学的伝達物質 化学伝達物質 chemical transmitter伝達物質 transmitter


概念

作用の方向で分類

  • 興奮性
アセチルコリン
グルタミン酸
  • 抑制性
GABA
グリシン

部位で分類

中枢神経 末梢神経
遠心性 求心性
グルタミン酸 アセチルコリン サブスタンスP
GABA ノルエピネフリン CGRP
グリシン (エピネフリン)
ドーパミン
エピネフリン
セロトニン
アセチルコリン
ヒスタミン
エンドルフィン
ノシセプチン

物質群別

アミノ酸 (SPC.76-78)

ペプチド (SPC.79)



麻薬性鎮痛薬」

  [★]

narcotic analgesic, narcotic analgesics
オピオイド鎮痛薬モルフィン鎮痛薬???
オピオイド

モルフィン鎮痛薬

内因性オピオイド

外因性オピオイド

合成

  • phenylheptylamines
  • phenylpiperadines

オピオイド受容体拮抗薬

麻酔薬として

  • 心臓手術やハイリスク患者の麻酔に用いる。
  • 使用される薬にはクエン酸ファンタネルやモルヒネがある。
  • 脳神経に存在する麻酔特有の受容体(オピオイド受容体)をしげきする
  • 鎮痛作用は協力
  • 麻酔薬なので常習性がある。
  • 副作用:呼吸抑制、精神神経作用、消化器症状がある。
  • 注意:患者さんの状態に合わせて、睡眠作用のある薬を使用。すなわち、これ単独では眠らない(記憶を失わない)
  • ○強力な鎮痛・鎮静。血圧安定
  • ×術中覚醒。呼吸抑制。筋硬直。徐脈。術中高血圧
  • パンクロニウム(長時間使用で頻脈になる)を併せて使うことがある。

依存性

副作用



内因性オピオイドペプチド」

  [★]

[[]]
オピオイドオピオイド受容体


プロダイノルフィン」

  [★]

prodynorphin
プレプロエンケファリン


ダイノルフィンA」

  [★]

dynorphin A
ダイノルフィン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡