タイコ酸

出典: meddic

teichoic acid
リポタイコ酸
  • グラム陽性細菌が有する細胞壁の中に存在する

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/01/28 20:35:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 心臓血管手術・呼吸器外科手術術後バイオマーカーとしての Lipocalin-2/neutrophil gelatinase-associated lipocalin の検討
  • 浅見 冬樹,Asami Fuyuki
  • 新潟医学会雑誌 125(4), 199-206, 2011-04
  • … ラットの開胸手術においては対照群に比べ明らかに血中NGALの上昇が早期からみられ, ラット心臓から培養した細胞に細菌の成分であるリポポリサッカライドおよびリポタイコ酸を添加すると急激なNGALの発現亢進がみられた. …
  • NAID 120005457943
  • ショウジョウバエヘモサイトによる黄色ブドウ球菌貪食における Draper のリガンドとしてのリポタイコ酸の同定
  • 橋本 優実
  • 金沢大学十全医学会雑誌 = Journal of the J◆U00FB◆zen Medical Society 119(2), 38-39, 2010-06-01
  • NAID 10027445102
  • リンパ管内皮細胞のリポタイコ酸およびリポポリサッカライドによるCXCL11およびCX3CL1の産生誘導
  • 沢 禎彦,敦賀 英知
  • 福岡歯科大学学会雑誌 34(4), 125-132, 2008-12-31
  • … 本研究はリンパ管内皮細胞におけるリポタイコ酸(LTA)およびリポポリサッカライド(LPS)の炎症性ケモカインCXCL11,恒常性ケモカインCXCL12,また接着性ケモカインCX3CL1に関する発現誘導を調べた。 …
  • NAID 110007008224

関連リンク

ミクロコッカス科のタイコ酸の構造. タイコ酸(タイコさん、Teichoic acid)は、ホスホ ジエステル結合を介して連なった、グリセロールリン酸またはリビトールリン酸からなる ポリマーである。「タイコ(τειχος、teichos)」とは、ギリシア語で「壁」という意味の言葉で ある ...
また細胞壁にはタイコ酸といわれるアルコールとリン酸基の化合物が含まれている。 グラム陰性菌の細胞壁グラム陰性菌の細胞壁はムレイン以外にも外膜(がいまく)と 呼ばれる生体膜からなる。厚さは10nm程度(ムレイン2nm、外膜8nm)であり、細胞壁 中の ...

関連画像

垣内 力(かいと ちから)歯科技工所 日本タイコニウムタイ コ 酸 タイ コ 酸 は タイとタイ料理が大好きな、私 リン酸 タイ コ 酸 view more


★リンクテーブル★
リンク元グラム染色
拡張検索リポタイコ酸
関連記事タイ」「

グラム染色」

  [★]

Gram stain
(国試)Gram染色
染色法


構成高分子 グラム陽性菌 グラム陰性菌
外膜 なし あり
ペリプラズム なし あり
蛋白質の分泌場所 細胞外 ペリプラズムないし細胞外
ペプチドグリカン 多重層 単層ないし薄層
タイコ酸 あり なし
リポ多糖 なし あり(外膜)
リポタンパク質 まれにしかない 多くの場合存在する
リン脂質 なし あり


方法

ハッカー変法

参考1
時間は試薬により変わる


グラム陽性と陰性の区別ができない菌

抗酸菌(結核菌らい菌)、放線菌スピロヘータマイコプラズマリケッチアクラミジアなど (標準予防策実践マニュアル 南江堂 第2刷 p.4)

参考

  • 1.
[display]http://krawelts.exblog.jp/2887409

国試


リポタイコ酸」

  [★]

lipoteichoic acid
タイコ酸
  • タイコ酸の組成とほぼ同じである。
  • グラム陽性菌が有する
  • 一端はペプチドグリカンの層に結合し、別の一端には脂肪酸が結合している。
  • その脂肪酸は細胞膜に挿入されている。


タイ」

  [★]

(国名)Thailand, (魚)sea bream
ゴウシュウマダイヨーロッパヘダイ


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡