ソーレー帯

出典: meddic

[[]]
Soretband
[[]]



Soretband

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • スラブ光道波路分光法を用いたITO電極とチトクロームcの直接電子移動反応のその場観察 : 極微量吸着量の電気化学的手法と分光法の比較(バイオ,エレクトロニクス,材料,界面,その場観察,その他一般)
  • 松田 直樹,岡部 浩隆
  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 112(456), 1-4, 2013-02-26
  • スラブ光導波路(SOWG)分光装置を用いた紫外可視吸収スペクトル測定からチトクロームCのITO電極表面への吸着過程、吸着後の直接電子移動反応のその場観察を行った。また町O電極上に吸着したチトクロームcをリン酸緩衝溶液で洗い、吸着量を減少させながらSOWG分光法とサイクリックボルタンメトリー(CV)法で観察した結果、吸着量が少ない場合、サイクリックボルタモグラムでは明瞭な酸化還元ピークが観察されない …
  • NAID 110009712858
  • スラブ光導波路分光法を用いた固液界面におけるチトクロームc機能のその場観察(バイオ,界面,材料センサー,電子移動,一般)
  • 松田 直樹
  • 電子情報通信学会技術研究報告. OME, 有機エレクトロニクス 112(333), 1-4, 2012-11-28
  • スラブ光導波路分光装置を用いた紫外可視吸収スペクトル測定からチトクロームcのITO電極表面やガラス上への吸着過程、吸着後の直接電子移動反応や酸化還元反応のその場観察を行った。時間分解SOWG分光法を用いた結果、チトクロームcとITO電極間の電子移動反応の速度定数はk=100[s^<-1>]程度であった。またチトクロームcの吸着量が少ない場合、サイクリックボルタモグラムでは明瞭な酸化還元 …
  • NAID 110009667367
  • 安全で良質な食肉製品を創製する加工技術に関する研究
  • 坂田 亮一,オカタニ A・トモミツ,押田 敏雄,サカタ リョウイチ,/ オシダ トシオ,Ryoichi Sakata,Tomomitus A. Okatani,Toshio Oshida
  • 麻布大学雑誌 13/14, 107-112, 2006
  • 豚Hb分解物添加試料の色調において,肉眼的に最も良い赤色を示したのは0.3%および0.4%添加区で,a^*値の増加と保持効果が確認できた。発色率はHb分解物によって促進され,5日間の保存実験の中でHb分解物無添加の対照区よりそれぞれ高い値を示した。また好気的な保持により,それぞれ発色率の減少がみられたが,Hb分解物添加試料は対照区に比べて発色率低下が少なく,退色抑制効果が示された。各Hb分解物添加 …
  • NAID 110006391495

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

帯」

  [★]

bandzone
cingulumzonazonae
ゾーン帯域帯状疱疹バンドバンド形成地帯




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3