ソマトスタチン・ニューロン

出典: meddic

somatostatin neuron

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 下垂体摘出後のラット視交叉上核におけるソマトスタチンニューロンの免疫組織化学的変化
  • 脳内ホルモンと自立機能制御 : 視床下部ソマトスタチンニューロンの多彩な機能 (研究)
  • ラット視床下部視索前核におけるソマトスタチン・ニューロンの神経支配に関する電顕細胞化学的研究

関連リンク

すなわち、成長ホルモン放出ホルモン (GHRH) ニューロンとソマトスタチンニューロンで あり、それぞれGHの分泌を刺激または抑制する。GHRHニューロンは視床下部の弓状 核に位置しており、一方、成長ホルモンの調節に関わるソマトスタチン細胞は室傍核に ...

関連画像

 ブアルブミン介在ニューロンアセチルコリンにより活性化 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed Download] ニューロンの反応は抑制と脱


★リンクテーブル★
関連記事ソマトスタチン」「ニューロン」「スタチン」「ニューロ

ソマトスタチン」

  [★]

somatostatin (Z)
膵ソマトスタチン pancreatic somatostatin、成長ホルモン分泌抑制因子 growth hormone release inhibiting hormone(GH-RIH)、somatotropin release inhibiting factor(SRIF)
消化管ホルモン
  • 成長ホルモンに拮抗する作用を有する
  • 成長に必要な栄養の消化吸収を抑制

分類

  • 消化管ホルモン?・中枢神経系のホルモン(様々なところで発現しており、多くの生理活性により神経の調節を行っている(参考1))?

性状

  • ペプチド
  • 環状構造を取っており、ジスルフィド結合によりこの構造が保たれている。
  • 二つの型があり、共通のpreprohormonが転写後プロセッシングを受けてsomatostatin-14(14 a.a.)とsomatostatin-28(28 a.a.)ができる。somatostatin-14はsomatostatin-28のC末の配列と同一である。

産生組織

  • 消化器
  • 視床

参考1

  • 神経系:大脳皮質、視床下部、脳幹、脊髄の皮質に豊富。心臓、甲状腺、皮膚、眼、胸腺の神経に局在している。
  • 消化器系:消化管と膵臓に豊富。そこで傍分泌あるいは内分泌のような形でD細胞により、そして腸神経によって産生されている。

標的組織

受容体

  • G蛋白共役型受容体(5つのサブタイプがある。どのサブタイプもGiαサブユニットを介する)

作用

First Aid step 1 p.269

総じて、消化活動を止めさせる方向に作用
(下垂体で?)

参考1より

  • ソマトスタチンにより抑制されるホルモン  (↓ホルモンとは思えない物もまじっていいる気が)

分泌の調整

分泌亢進

分泌抑制

  • 迷走神経刺激

臨床関連

参考

  • 1.[charged]Physiology of somatostatin and its analogues - uptodate [1]



ニューロン」

  [★]

neuron, nerve cell
神経細胞、神経元?、神経単位?

組織学

構造

分類




スタチン」

  [★] HMG-CoA還元酵素阻害薬


ニューロ」

  [★]

neuro
神経




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡