セロトニン作動性線維

出典: meddic


関連リンク

図2.セロトニン神経系 グルタミン酸作動性シナプスなどとは異なり、セロトニンによる情報伝達部位は明確なシナプス構造を形成しない場合が多い。セロトニンは放出部位から比較的離れた部位にある受容体に作用して、標的細胞の ...
三大神経伝達物質の役割分担 ACh(アセチルコリン)と5-HT(セロトニン)、NA(ノルアドレナリン)は 脳の活動状態を修飾する主要な三要素である. アセチルコリン作動性神経(ACh神経) 末梢神経系に多い

関連画像

いる ので コリン 作動 性 神経 線維筋痛症に対して新しい注射 Copyright (c) 2014 病院系ブラック 脳内セロトニン作動性の投射図2.セロトニン神経系交感神経と副交感神経の


★リンクテーブル★
関連記事セロトニン」「作動」「線維

セロトニン」

  [★]

serotonin, 5-HT, 5-hydroxytryptamine
神経伝達物質セロトニン受容体セロトニン作動性ニューロン5-ヒドロキシインドール酢酸 5-HIAA
生合成
 トリプトファン          →      5-ヒドロキシトリプトファン
         トリプトファン5-モノオキシゲナーゼ

                                     OH
                   /\                      /\/
 -OOC-CH(NH3+)-CH2----|○| → -OOC-CH(NH3+)-CH2----| ○|
             ||    |  |                ||    |  |
               \ / \/                 \ / \/
                  NH                      NH
          +                              +
    テトラヒドロビオプテリン     ジヒドロビオプテリン
          +
          O2

 5-ヒドロキシトリプトファン   →      セロトニン
         芳香族アミノ酸デカルボキシラーゼ

                                OH
                   /\                  /\/
 -OOC-CH(NH3+)-CH2----|○ | → H2N-CH2-CH2----| ○|
             ||    |  |            ||    |   |
               \ / \/              \ /\/
                  NH                  NH


薬理学

セロトニン再取り込み阻害薬

セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬



作動」

  [★]

オペレーティング機能行為作用手術操作措置オペ運用操縦施行

線維」

  [★]

fiber, fibre





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡