セファロチン

出典: meddic

cephalothin CET
cefalotinum
セファロチンナトリウムcefalotin sodium, cefalothin sodium
ケフリン
セファロスポリン系抗生物質





Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/22 23:18:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • サラブレッドにおけるセファロチンの肺胞腔内への移行性
  • 松田 芳和,帆保 誠二,内藤 裕司
  • The journal of veterinary medical science 61(3), 209-212, 1999-03-25
  • … 本研究では, ウマにおけるセファロチンナトリウムの肺胞腔内への移行性を検討するとともに, アンプロキソールの前投与がセファロチンナトリウムの気管支肺胞腔への移行性に影響するか否かを検討した. … 実験は, 生理的食塩水(saline), アンプロキソール (ambroxol)およびセファロチンナトリウム(cephalothin)の投与方法により4グループに分類した. …
  • NAID 110003920071
  • サラブレッド種におけるセファロチンナトリウムの肺胞腔内への移行性
  • 松田 芳和,帆保 誠二,内藤 裕司 [他]
  • 馬の科学 34(6), 425-429, 1997-12
  • NAID 40004327219

関連リンク

2. 日本における発売年 1966(昭和41)年 3. 特長 二十数年の長期使用で有効性,安全性の多数の成績が得られている. ブドウ球菌,レンサ球菌,肺炎球菌に抗菌力を示す. 4. 承認済有効菌種 セファロチンに感性のブドウ球菌属
セファロチンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、大腸菌 Ⅳ.適 応 症 敗血症、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、外傷・熱傷及び手術創の二次感染、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みcephalothin」「cefalotin sodium
リンク元cefalotin

cephalothin」

  [★]

WordNet   license wordnet

「a semisynthetic analogue of cephalosporin」

cefalotin sodium」

  [★]

cefalotincephalothin

cefalotin」

  [★]

セファロチン

cefalotin sodiumcephalothin



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡