セザリー細胞

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 抗セザリ-細胞血清--特異性とT細胞機能への影響 (臨床免疫学の進歩 1981<特集>)

関連リンク

フランスの皮膚科医アルベール・セザリー (1880-1956) が報告した。 菌状息肉症と 同じく、皮膚T細胞性リンパ腫に属する。本症が菌状息肉症の進行したものと考える説も あるが、菌状息肉症が全例セザリー症候群となるわけではない。末梢血中に出現する 異常 ...
菌状息肉腫/セザリー症候群. 菌状息肉症mycosis(MF)、セザリー症候群Sezary syndrome(SS)は皮膚原発のT細胞性リンパ腫である。両者とも経過は緩慢で長い経過 の後末期に至る。 MFは紅斑から腫瑠になり、SSは紅皮症となり白血化することが定義.

関連画像

巨核球の自律性増殖で 症候群でみられるセザリー細胞 菌状息肉症・セザリー症候群の image.jpg


★リンクテーブル★
関連記事細胞

細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡