スルピリド中毒

出典: meddic

sulpiride poisoning


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

治療をしているときの有効血中濃度と、中毒域とに大きな差があるため、用量が決めやすく、高齢の患者さんでも授与できます。使いやすい薬といえます。 スルピリドは、陽性症状への効果があるにも関わらず、錐体外路症状が少なく ...
... 制吐作用を持つため,他の薬剤に基づく中毒,腸閉塞,脳腫瘍等による嘔吐症状を不顕性化することがあるので注意する (4)相互作用 併用注意 薬剤名等 臨床症状・措置方法 機序・危険因子 ...


★リンクテーブル★
関連記事スルピリド」「中毒」「

スルピリド」

  [★]

sulpiride
アビリットクールスパンドグマチールピリカップルベタマックマーゲノールミラドール
抗精神病薬


  • 抗ドパミン薬
  • 消化性潰瘍治療薬

特徴

構造

作用機序

消化性潰瘍治療薬

  • 視床下部の交感神経中枢の興奮を抑制することで腸管の血流を改善する

副作用

抗精神病薬の副作用 参照


中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡