スペクトリン

出典: meddic

spectrin
テクチンA tectin A



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/15 20:41:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 高圧下でのヒト赤血球の膜安定性におけるスペクトリンの役割
  • 1PD040 光ピンセットを用いたスペクトリンの1分子弾性計測
  • 富重 道雄,萬野 純恵,高桑 雄一,楠見 明弘
  • 生物物理 39(SUPPLEMENT1), S94, 1999-09-02
  • NAID 110001159113
  • P547 圧負荷肥大心における細胞骨格蛋白の動態 : 特にジストロフィンとβスペクトリンについて
  • 前田 雅人,枇榔 貞利,瀬戸口 学,田代 達也,鴨川 泰之,平川 立身,田中 弘允
  • Japanese circulation journal 62(SupplementI), 522, 1998-02-28
  • NAID 110002563027

関連リンク

スペクトリン(Spectrin)は細胞骨格のタンパク質で、五量体か六量体を作って多くの種類の細胞の細胞膜の内側に位置している。細胞の形を維持する足場として働き、細胞膜の構造を維持するのに重要な役割を果たしている。
スペクトリン(Spectrin)は細胞骨格のタンパク質で、五量体か六量体を作って多くの種類の細胞の細胞膜の内側に位置している。細胞の形を維持する足場として働き、細胞膜の構造を維持するのに重要な役割を果たしている。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元アンキリン
拡張検索αスペクトリン」「βスペクトリン」「α-スペクトリン」「β-スペクトリン
関連記事リン」「トリ

アンキリン」

  [★]

ankyrin
スペクトリンバンド3蛋白


αスペクトリン」

  [★]

alpha-spectrin
スペクトリンβスペクトリンα-スペクトリン


βスペクトリン」

  [★]

beta-spectrin
スペクトリンβ-スペクトリンαスペクトリン


α-スペクトリン」

  [★]

alpha-spectrin
αスペクトリン


β-スペクトリン」

  [★]

beta-spectrin
βスペクトリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡