ステロイド系抗炎症薬

出典: meddic

steroidal anti-inflammatory drugsteroidal antiinflammatory drug
ステロイド薬ステロイド系消炎薬ステロイド剤ステロイド系抗炎症剤ステロイド系消炎剤

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/22 21:52:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Propensity scoreマッチング解析を用いた非ステロイド系抗炎症薬服用関節リウマチ患者における小腸傷害の発症と高年齢との関連性の検討 (特集 高齢化社会におけるNSAIDs消化管障害)
  • 谷川 徹也,渡辺 俊雄,斯波 将次 [他]
  • 消化器内科 59(2), 131-135, 2014-08
  • NAID 40020195701
  • 薬の救急箱 第3章(第1回)非ステロイド系抗炎症薬(NSAID) : メロキシカム
  • 浅井 史敏
  • Clinic note : journal of clinical daily treatment for small animals 10(7), 32-38, 2014-07
  • NAID 40020152110
  • 1.太陽紫外線による皮膚障害―サンバーンの治療―
  • 上出 良一
  • 日本皮膚科学会雑誌 124(6), 1115-1119, 2014
  • … 択とされる副腎皮質ステロイドホルモン外用の効果は極めて限定的である.なるべく早期から1日2回のステロイド外用を開始し,1週間続けることが症状回復を早める可能性がある.ステロイドの全身投与も重症例では慣用的に行われているが,十分な根拠はない.むしろ非ステロイド系抗炎症薬がプロスタグランジンによる炎症と疼痛の緩和に有用である.患者には再発予防のため具体的に紫外線防御対策を指導する. …
  • NAID 130004588292

関連リンク

作用機序 [編集] ステロイド系抗炎症薬の作用機序には、遺伝子を介するもの(genomic effect)と遺伝子を介さないもの (nongenomic effect) がある。ステロイド骨格を有するステロイド製剤は親水性の性質と親油性の性質を有する(両親媒性 ...
非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDs) Non-Steroidal Anti-Inhlammatory Drugs 末梢(痛みの発生部位)に発生した炎症を抑えたり、中枢(脳の視床下部)に働いて熱を下げる作用のある薬です。 ...
ステロイド系抗炎症薬の副作用(ステロイドけいこうえんしょうやくのふくさよう)では、医療現場で一般的に使用されるステロイド系抗炎症薬によって生じる副作用について解説する。副作用として過剰な免疫抑制作用が発現する ...

関連画像

では、非ステロイド系抗炎症薬 ステロイド系抗炎症薬の画像 p1 非ステロイド性抗炎症薬 ステロイド系抗炎症薬 ステロイド 系 抗 炎症 薬 の 解説:抗炎症薬(非ステロイド


★リンクテーブル★
リンク元ステロイド薬」「steroidal anti-inflammatory drug」「ステロイド剤」「ステロイド系消炎薬」「ステロイド系消炎剤
拡張検索非ステロイド系抗炎症薬
関連記事炎症」「」「抗炎症」「抗炎症薬」「ステロイド

ステロイド薬」

  [★]

steroidcorticosteroidsteroidal anti-inflammatory drug
ステロイド副腎皮質ステロイドコルチコステロイド副腎皮質ステロイド薬ステロイド系消炎薬副腎皮質ホルモン副腎皮質ステロイドホルモンステロイド系抗炎症薬ステロイド剤副腎皮質ステロイド剤ステロイド系抗炎症剤ステロイド系消炎剤副腎皮質ホルモン剤


steroidal anti-inflammatory drug」

  [★]

corticosteroidsteroidsteroidal antiinflammatory drug


ステロイド剤」

  [★]

steroidsteroidal anti-inflammatory drug
ステロイドステロイド薬ステロイド系消炎薬ステロイド系抗炎症薬ステロイド系抗炎症剤ステロイド系消炎剤


ステロイド系消炎薬」

  [★]

steroidal anti-inflammatory drugsteroidal antiinflammatory drug
ステロイド薬ステロイド系抗炎症薬ステロイド剤ステロイド系抗炎症剤ステロイド系消炎剤

ステロイド系消炎剤」

  [★]

steroidal anti-inflammatory drug
ステロイド薬ステロイド系消炎薬ステロイド系抗炎症薬ステロイド剤ステロイド系抗炎症剤


非ステロイド系抗炎症薬」

  [★] 非ステロイド性抗炎症薬


炎症」

  [★]

inflammation
炎症反応 inflammatory reaction
  • 急性炎症による有害な刺激物が除去され組織が修復されるが、障害が続けば慢性炎症となる。

主徴 (BPT.32)

原因

  • 病原微生物の感染
ウイルス、リケッチア、細菌、真菌、原虫、寄生虫
  • 外傷
  • 物理的刺激
日光、放射線物質、電気的刺激、摩擦
  • 化学的刺激
酸・アルカリ
  • 壊死物
  • 異物
  • 免疫学的な刺激(アレルギー、自己免疫疾患)

分類

  • 急性 acute
比較的短期間で終了し滲出と好中球浸潤が主体
  • 亜急性 subacute
  • 慢性 chronic
長時間持続し、組織増殖とリンパ球・組織球浸潤が主体
  急性炎症 慢性炎症
概要 滲出性病変が主体 増殖性変化が主体
経過 急性・一過性 遷延性・潜行性
血管 血管透過性亢進 血管新生
間質組織 充血・浮腫 線維芽細胞・血管・間質結合組織の増生
浸潤細胞 好中球→マクロファージ→リンパ球

急性炎症 (BPT.33)

  • vascular change
vasolilation
increased vascular permeability
  • cellular events
cellular recruitment and activation

慢性炎症

薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



抗炎症」

  [★]

antiinflammationanti-inflammatoryantiinflammatory
抗炎症性抗炎症薬消炎消炎性


抗炎症薬」

  [★]

anti inflammatory drug, anti-inflammatory drugs
anti phlogistica
消炎薬 antiphlogistics



ステロイド」

  [★]

steroid
コルチコステロイドステロイドホルモン






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡