シュワン細胞症

出典: meddic

schwannosis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

シュワン細胞(シュヴァン細胞)は末梢神経系のグリア細胞の一つ。ドイツの生物学者Theodor Schwannにより発見された。一部の細胞はミエリンを形成する。発生期の神経細胞の生存や軸索投射、損傷後の神経回路の再生に寄与する。
補足説明 シュワン細胞、軸索 シュワン細胞は末梢神経系に特異的に存在するグリア細胞。神経細胞の細胞体からは、神経情報を出力するための神経繊維からなる軸索(Axon)が伸びており、ヒトの運動神経の軸索は最長で1m ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「細胞

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

細胞」

  [★]

cell
cellula







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡