シブトラミン

出典: meddic

sibutramine
[[]]


-sibutramine


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/10 21:28:53」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肥満が主体のメタボリックシンドロームの薬物療法 シブトラミン (メタボリックシンドローム(第2版)--基礎・臨床の最新知見) -- (予防・管理・治療)
  • 永山 大二,白井 厚治
  • 日本臨床 69(-) (992), 678-682, 2011-01
  • NAID 40018269721
  • GC-MS/MSによるダイエット健康食品中の医薬品成分分析法の検討
  • 山本 新也,墨岡 成治,藤岡 正信 [他],三上 栄一,宮本 謙一
  • 食品衛生学雑誌 52(6), 363-369, 2011
  • … 健康被害を惹起させることがある.このような無承認無許可医薬品による健康被害事例に迅速かつ正確に対応するため,ダイエット健康食品中のフェンフルラミン(FEN),N-ニトロソフェンフルラミン(NFE),シブトラミン(SIB),マジンドール(MAZ),フェノールフタレイン(PHP)の5種の医薬品成分についてGC-MS/MSを使用した一斉分析法を検討した.添加量1 μg/mg (PHPについては4 μg/mg) での回収率は EI 法で 85.0~110.7%,CI …
  • NAID 130002109396
  • 薬物療法--現状と未来 (特集 肥満症 update) -- (肥満症の治療法--EBM)

関連リンク

シブトラミン(Sibutramine。ジブトラミンとも。販売名Meridia®(メリディア)、Reductil®( リダクティル))は、いわゆる痩せ薬の一(医薬品、、日本においてはエーザイにより2007 年11月29日に医薬品製造販売承認申請されたが、2009年9月26日に却下された)。

関連画像

シブトラミン 主成分シブトラミンの商品詳細シブトラミン 15mg(インド発送 シブトラミン )ジェネリック シブトラミン シブトラミン+生活習慣修正


★リンクテーブル★
リンク元セロトニン症候群
関連記事ラミン

セロトニン症候群」

  [★]

serotonin syndrome
セロトニンセロトニン受容体


概念

  • 抗うつ薬(特に SSRI と呼ばれる選択的セロトニン再取り込み阻害薬。≒セロトニン受容体作動薬)などのセロトニン系の薬物を服用中に出現する副作用
  • 精神症状(不安、混乱する、いらいらする、興奮する、動き回るなど)
  • 錐体外路症状(手足が勝手に動く、震える、体が固くなるなど)
  • 自律神経症状(汗をかく、発熱、下痢、脈が速くなるなど)
  • 服薬開始数時間以内に症状が表れることが多い
  • 服薬を中止すれば24時間以内に症状は消失
  • 「不安」、「混乱する」、「いらいらする」に加えて以下の症状がみられる場合に医療機関受診を推奨している(参考1)
  • 「興奮する」、「動き回る」、「手足が勝手に動く」、「眼が勝手に動く」、「震える」、「体が固くなる」、「汗をかく」、「発熱」、「下痢」、「脈が速くなる」

原因となりうる薬剤

トリプトファンアンフェタミンコカインMDMALSDレボドパカルビドパトラマドールペンタゾシンメペリジンSSRISNRITCAMAO阻害薬リネゾリド、5-HT3阻害薬(オンダンセトロングラニセトロン)、メトクロプラミド(プリンペラン)、バルプロ酸カルバマゼピンシブトラミン(やせ薬)、シクロベンザプリン(中枢性筋弛緩)デキストロメルファン、(メジコン)、ブスピロン(5-HT1A阻害薬、抗不安薬)、トリプタン製剤エルゴタミンフェンタニルリチウム

診断基準

QJM. 2003 Sep;96(9):635-42

Hunter criteria

感度84%, 特異度97%

参考

  • 1. 重篤副作用疾患別対応マニュアル
[display]http://www.pmda.go.jp/files/000144659.pdf


ラミン」

  [★]

lamin
核ラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡