シナプトネマ構造

出典: meddic

synaptonemal complex
シナプトネーム複合体、対合複合体
相同染色体


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Cnot 7(CAF1)は精巣においてRXRβのコアクチベーターとして作用し精子形成に必須である
  • 岸本 正彦,加藤 茂明
  • ビタミン 79(2), 118-119, 2005-02-25
  • … 減数分裂においては, ザイゴテン期に相同染色体が並行となり, シナプトネマ構造形成が始まり, パキテン期に終了する. …
  • NAID 110002880425
  • 遺伝的組換えに重要なシナプトネマ構造の形成に関わる因子 : 染色体対合異常を発症する実験モデルFKBP6欠損マウス/ラットに期待
  • ユバイモ群植物の非キアズマ型減数分裂-2-花粉母細胞におけるシナプトネマ構造体の形成〔英文〕
  • ITO Michio,TAKEGAMI Miyako H.,NODA Shozo
  • 遺伝學雑誌 58(4), 377-381, 1983
  • An achiasmatic meiosis is observed in microsporocytes of Fritillaria japonica group, in which paired chromosomes devoid of chiasmata are continuosly maintained through meiotic prophase. Experiments we …
  • NAID 130000060384

関連リンク

図3 3D‑SIMで捉えたトウモロコシのパキテン期における減数分裂期染色体。第一減数分裂前期のパキテン期において、相同染色体は対合、シナプスし、相同組み換えを行います。この時期、DNAはシナプトネマ構造と呼ばれるタンパク質 ...
... )では、染色分体と平行して走る構造物を染色していることから、抗体の結合部位はシナプトネマ構造に局在することが示唆された。複糸期(diplotene)で、待ち針状の染色像となり移動期(diakinesis)では粒状に局在した。減数分裂 ...
発現し、精子形成の第一期減数分裂のシナプトネマ構造体に局在することを確認したが、 今年度は、DIF-2/hWAPLノックアウトマウスの解析を行った。その結果ホモ接合性の DIF-2/hWAPL欠失マウス(DIF-2-/-)は胎生致死であることが 析の ...

関連画像

免疫抑制剤 FK506 結合蛋白は 野生動物の研究 】生物科学専攻・生物科学科images/sugar_composition_100.jpg


★リンクテーブル★
リンク元シナプトネーム複合体
関連記事構造

シナプトネーム複合体」

  [★] シナプトネマ構造


構造」

  [★]

structureformationarchitectureconformationconstitutionmakeup
気質組立形成高次構造構成構築コンフォメーションコンホメーション組成体質配座編成立体構造立体配座仕組み体格建築物構造物構造体成立




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡