シドニー分類

出典: meddic

Sydney system
慢性胃炎

  • 1990年の世界消化器病学会で検討された胃炎の分類


  • I. 組織診断部門
  • 1. 病因
  • a) Type A胃炎:自己免疫性 autoimmune
  • b) Type B胃炎:H.pylori Bacteria
  • c) Type C胃炎:非ステロイド系抗炎症薬、アスピリン、エタノールetc. Chemical
  • 2. 局在
  • 急性胃炎/慢性胃炎/特殊型
  • 汎胃炎/前庭部胃炎/体部胃炎
  • 3. 形態
  • 炎症性
  • 活動性
  • 萎縮性
  • 腸上皮化生
  • H.pylori


  • II. 内視鏡診断部門


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Updated Sydney System における適切な生検法
  • 中島 滋美,高橋 恵子,佐藤 仁,山本 和雄,井上 徹也,奥村 嘉章,吉田 章子,林 裕司,馬野 真次,福田 方子,藤山 佳秀
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 51(7), 1588-1595, 2009-07-20
  • Updated Sydney System(USS)の組織採取の仕方から結果の解釈まで,内視鏡医の立場で手技を解説した.内視鏡医は保険適用を守りながら必要に応じてUSS用の定点生検を追加し,背景胃粘膜のヘリコバクター・ピロリ感染診断と慢性胃炎の評価をする必要がある.生検部位は本来5箇所であるが,日本の諸事情を考慮し,体部と前庭部大彎から最低1個ずつ,さらに必要に応じ胃角または体下部小彎からの組織を …
  • NAID 10025171186
  • 臨床 びらん性慢性胃炎
  • 鎌田 智有,春間 賢
  • 綜合臨床 54(4), 1473-1476, 2005-04-00
  • NAID 40006715580
  • 慢性胃炎-平福分類とシドニー分類

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元組織学的胃炎」「胃炎」「慢性胃炎
関連記事分類

組織学的胃炎」

  [★]

histological gastritis
シドニー分類胃炎


  • 病理組織学的に診断する胃炎
  • 大部分はHelicobacter pylori感染に起因する。他に自己免疫性、薬剤性(非ステロイド性抗炎症薬)の物がある。(IMD.844)
  • ex. 生検材料の組織学的検査で胃粘膜に好中球やリンパ球の浸潤が認められ、さらに経過とともに胃腺の萎縮が認められる場合には、組織学的胃炎と診断する (参考1)

参考

  • 1.
[display]http://202.216.128.227/%93%A7%90%CD%95S%89%C8/19.6.htm
  • 2.
[display]http://www.dokidoki.ne.jp/home2/shiminhp/H_pylori_diagnosis.htm


胃炎」

  [★]

gastritis
胃カタル gastric catarrh
シドニー分類

分類

経過

病態

  • A型胃炎:壁細胞に対する自己抗体により破壊され、胃体部を中心とした萎縮性胃炎を来す。
  • B型胃炎



慢性胃炎」

  [★]

chronic gastritis
gastritis chronica
胃炎シドニー分類 Sydney system



分類」

  [★]

taxonomy, classification





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡