シアン化カリウム

出典: meddic

potassium cyanideKCN



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/04/13 23:40:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 集合微小帯電極におけるパルス・ボルタンメトリー電流応答と信号対雑音特性
  • 林 宏樹,白石 晴樹,千田 貢
  • 分析化学 56(4), 221-226, 2007-04-05
  • … に注目し検討した.実験にはリソグラフィー技術を用いて作製した2種類の金縞状電極(幅30μm,間隔30μm,及び幅10μm,間隔50μm),また比較のため通常の金平板電極を使用した.フェリシアン化カリウム(還元波)とフェロシアン化カリウム(酸化波)において,縞電極で得られる限界電流値は理論式に対応した挙動を示し,電解時間(サンプリング時間)の経過とともに基板と同面積の平板電極での限界電流値に近づく …
  • NAID 110006249643
  • オンライン濃縮法を用いる水試料中の微量フェノール類の自動フローインジェクション分析(<特集>流れを利用する新しい分析技術)
  • 酒井 忠雄,藤本 俊一,樋口 慶郎,手嶋 紀雄
  • 分析化学 54(12), 1183-1188, 2005-12-05
  • … アミノアンチピリン発色法を組み合わせたフローインジェクション分析法を検討したところ, 0.25〜10ng ml^<-1>のフェノールを23分ごとに自動測定することができた.フェノール類濃縮後, メタノールで溶離し, pH 10に調整した4-アミノアンチピリンとフェリシアン化カリウムにより発色させ, その吸光度を505nmで測定する.相対標準偏差も上記の濃度範囲内で1%以下と良好で, 水試料中の微量フェノール類の定量に応用できた. …
  • NAID 110002973728

関連リンク

シアン化カリウム【シアンかカリウム】 化学式はKCN。比重1.52,融点634.5 。俗に青酸カリとも。潮解性ある無色の結晶。水に易溶,酸と反応してシアン化水素を発生する。猛毒(人の致死量0.15g)。→関連項目青酸中毒
シアン化カリウム(青酸カリウム)は、青酸カリ、青化カリとも呼ばれ、毒物の代名詞的存在だが、工業的に重要な無機化合物である。毒物及び劇物指定令で「シアン化合物」として毒物に指定されている。wikipediaより

関連画像

画像alt1}}}レティ白岩るみゃぱるすぃシアン化カリウムの画像 p1_22 シアン化カリウム水溶液.jpg


★リンクテーブル★
リンク元青酸カリ」「KCN」「potassium cyanide
拡張検索フェリシアン化カリウム」「フェロシアン化カリウム
関連記事カリウム」「シアン

青酸カリ」

  [★]

potassium prussiate
KCN
シアン化カリウム


KCN」

  [★]

シアン化カリウム

potassium cyanide

potassium cyanide」

  [★]

シアン化カリウム

KCN

フェリシアン化カリウム」

  [★]

potassium ferricyanide


フェロシアン化カリウム」

  [★]

potassium ferrocyanide


カリウム」

  [★]

potassium
K+
高カリウム血症低カリウム血症腎 Kと酸塩基平衡の異常
  • 植物の灰(pot-ash)が由来らしい
  • アルカリ金属
  • 原子番号:19
  • 原子量:39.10

カリウム濃度を調節する要素

PT.481-482
  • 血液のpH
血中K+が細胞内、細胞内H+が細胞外へ移動→低カリウム血症、K排泄↑
血中H+が細胞内、細胞内K+が細胞外へ移動→高カリウム血症、K排泄↓
  • 接合尿細管、集合管でK排泄↑
レニン・アンジオテンシン系の亢進 or 細胞外K+濃度の上昇 のいずれかにより副腎皮質からアルドステロンが放出される
Na/H交換体、Na-K-2Cl共輸送体、Na/K-ATPaseを活性化。
  • β2受容体を介してKの取り込みを促進。Na-Kポンプの活性化による。

例外

水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版 p.153
  • 水素イオンと共に投与される陰イオンが細胞内に移行しうる場合、電気的中性は保たれるのでカリウムイオンは細胞外に移動しない。
  • (細胞内に移行する)乳酸イオン、酢酸イオン  ⇔ (細胞内に移行しない)塩素イオン

基準値

LAB
  • 3.4-4.5 mEq/l

パニック値

出典不明
  • 6 mEq/l(外来)
  • 7 mEq/l(入院)

尿細管での再吸収・分泌

QB.E-128
  • 再吸収  :近位尿細管、ヘンレループ
  • 分泌・吸収:集合管(QB.E-128)、遠位尿細管(QB.E-130)、皮質集合管の主細胞(参考1)

調節するファクター

  • 1. アルドステロン
  • 2. 集合管に到達するナトリウムイオン:集合管では能動的にナトリウムが再吸収されるが、電気的中性を保つために受動的にカリウムが管腔側に移動する。(参考1)

臨床関連

  • 尿中カリウムの異常
  • 低カリウム血症
  • 尿中カリウム < 20mEq/L:腎外性喪失
  • 尿中カリウム > 40mEq/L:腎性喪失

参考1

  • 1. [charged] Pathophysiology of renal tubular acidosis and the effect on potassium balance - uptodate [1]




シアン」

  [★]

cyanogencyanCN
青色青酸





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡