サントニン

出典: meddic

santonin
santoninum
サントゾール



和文文献

  • アニサキス症と天然物由来の有効化学物質の検索(寄生虫の化学)
  • サントニンCのアルカリ性条件下での還元生成物の構造
  • 軽部 昭夫,丸山 雅雄
  • 日本化学会誌 : 化学と工業化学 = Journal of the Chemical Society of Japan : chemistry and industrial chemistry 1998(7), 465-469, 1998-07-10
  • NAID 10001981047

関連リンク

サントニンとは?サントニンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 寄生虫の“回虫”を駆除するお薬です。 作用 回虫は、腸や胆管に寄生する寄生虫の一種です。このお薬は、回虫 ...
世界大百科事典 第2版 サントニンの用語解説 - キク科ヨモギ属植物Artemiciaのうちシナヨモギやミブヨモギ,クラムヨモギなどの花のつぼみから分離精製した無色の結晶または粉末。水にはほとんど溶けない。駆虫薬としてカイチュウ ...
組成・性状 1.組成 本剤は1g中、日本薬局方サントニン1gを含有する。2.製剤の性状 本剤は無色の結晶又は白色の結晶性の粉末である。においはなく、 味ははじめないが、後にわずかに苦い。効能・効果 回虫の駆除 用法・用量

関連画像

川原の一本松ヨモギ属 における同様の が1934(昭和9)年にサントニン サントニン(日本新薬)原末  強力虫下し『サントニン』薬袋ヨーロッパからサントニン含有

添付文書

薬効分類名

  • 回虫駆除薬

販売名

  • サントニン(日本新薬)原末

組成

  • 本剤は1g中、日本薬局方サントニン1gを含有する。

禁忌

  • 肝障害のある患者
    [肝障害を悪化させるおそれがある。]

効能または効果

  • 回虫の駆除
  • サントニンとして、通常下記用量を1日2回空腹時、あるいは就寝前1回及び翌朝1回経口投与する。
  • 年齢区分 1回用量
    6歳未満 20mg
    6歳以上12歳未満 40〜80mg
    12歳以上 100mg

    薬効薬理

    虫体運動に対する作用

    • サントニンの経口投与により、虫体は正常運動型から無秩序な運動型へ移行後、運動性を失い、腸管蠕動により下行する排出態勢を示す(回虫保有者レントゲン観察)4)

    虫体の物質代謝に対する作用

    • サントニンは回虫のリン酸代謝、糖代謝及び生体内酸化機構を阻害する5)〜7)

    有効成分に関する理化学的知見

    性状

    • 本品は無色の結晶又は白色の結晶性の粉末である。
      本品はクロロホルムに溶けやすく、エタノール(95)にやや溶けにくく、水にほとんど溶けない。
      本品は光によって黄色になる。

    融点

    • 172〜175℃


    ★リンクテーブル★
    リンク元駆虫剤

    駆虫剤」

      [★]

    anthelmintic, anthelmintic agent, antiparasitic agent, helminthagogue, insectifuge, vermicide, worm powder, wormer

    商品




    ★コメント★

    [メモ入力エリア]
    ※コメント5000文字まで
    ニックネーム:
    コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡