サッカリンナトリウム

出典: meddic

saccharin sodium
サッカリンサッカリンカルシウム

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/08 13:08:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 香川県内に流通している食品中の甘味料の実態について
  • 氏家 あけみ,安永 恵,石川 順子 [他]
  • 香川県環境保健研究センター所報 9, 91-94, 2010
  • NAID 40017664821
  • 甘味料の迅速一斉分析法
  • 高井 靖智,久野 恵子,山東 英幸
  • 和歌山県環境衛生研究センター年報 (54), 35-37, 2007
  • NAID 40016493121

関連リンク

Kindle Kindle Paperwhite 最高の読書体験、そのための端末 Kindle Paperwhite 3G 無料3G接続付きモデル Kindle Fire ウェブ、アプリ、音楽、ゲーム、本 Kindle Fire HD HDディスプレイ、ドルビーオーディオ、高速Wi-Fi Kindle Fire HD 8.9 8 ...
サッカリンは殆ど水に溶けないが、サッカリンナトリウムは水溶性である。 かつては清涼飲料水に頻用されていたが、発がん性の疑いがある事が分かり、1973(昭和48)年に使用禁止になった。現在は制限つきで再認可。 食用のほかに ...

関連画像

大きな画像を見る サッカリンナトリウム 1Kgサッカリン(saccharin)は サッカリン 時刻: サッカリン サッカリンナトリウム1kg×20個 サッカリンナトリウムの構造式

添付文書

薬効分類名

  • 消化性潰瘍・胃炎治療剤

販売名

  • マルファ配合内服液

組成

本剤100mL中

  • 水酸化アルミニウムゲル 56g(酸化アルミニウムとして4%含有)
    水酸化マグネシウム 4g

添加物としてD-ソルビトール液、D-マンニトール、L-酒石酸ナトリウム、サッカリンナトリウム水和物、パラオキシ安息香酸エチル、パラオキシ安息香酸プロピル、エタノール、プロピレングリコール、香料を含有する。

禁忌

  • 透析療法を受けている患者〔長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれることがある。〕

効能または効果

下記疾患における制酸作用と症状の改善

  • 胃・十二指腸潰瘍、胃炎、上部消化管機能異常

  • 通常成人1日16〜48mLを数回に分割経口投与する。
  • なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎障害のある患者〔高マグネシウム血症、長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症があらわれるおそれがあるので、定期的に血中マグネシウム、アルミニウム、リン、カルシウム、アルカリフォスファターゼ等の測定を行うこと。〕
  • 心機能障害のある患者〔マグネシウムは、心機能を抑制する作用がある。〕
  • 下痢のある患者〔水酸化マグネシウムの緩下作用により、下痢を促進するおそれがある。〕
  • 高マグネシウム血症の患者〔血中マグネシウム濃度を上昇させるおそれがある。〕
  • リン酸塩低下のある患者〔アルミニウムは無機リンの吸収を阻害する。〕

薬効薬理

  • 制酸及び胃粘膜保護作用を有する。3,4)

* 生物学的同等性試験

制酸力試験

  • マルファ配合内服液と標準製剤(液剤)を用いて、in vitroで制酸力試験を行った結果、両剤の制酸力に有意差は認められず、両剤の生物学的同等性が確認された。5)


有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 水酸化アルミニウムゲル(Aluminum Hydroxide Gel)

性状

  • 白色粘稠の懸濁液で静置すると上層に少量の水を分離する。

一般名

  • 水酸化マグネシウム(Magnesium Hydroxide)

分子式

  • Mg(OH)2

分子量

  • 58.32

性状

  • 白色の粉末で、においはない。水又はエタノール(95)にほとんど溶けない。希塩酸に溶ける。


★リンクテーブル★
リンク元サッカリンカルシウム」「saccharin sodium
関連記事ナトリウム」「トリウム」「リン」「サッカリン」「トリ

サッカリンカルシウム」

  [★]

saccharin calcium
サッカリンサッカリンナトリウム

saccharin sodium」

  [★] サッカリンナトリウムサッカリン

ナトリウム」

  [★]

sodium, natrium, Na
Na+



血液(血清)中のナトリウム (臨床検査法提要第32版)

  • 136-145 mEq/l

尿中のナトリウム

  • <20 mEq/l (正常と判断できる範囲)
  • >40 mEq/l (腎性腎不全を示唆)

Na排泄率

  • ≦1% (臨床検査法提要第32版)

尿Na,Kと血清Naによる血清Naの予測

経口摂取と輸液による自由水の摂取がなければ
尿([Na+]+[K+]) < 血清[Na+] → 血清[Na+]上昇
尿([Na+]+[K+]) = 血清[Na+] → 血清[Na+]普遍
尿([Na+]+[K+]) > 血清[Na+] → 血清[Na+]低下

食品中の食塩量

  • ほとんどの製品ラベルに記載されている、ナトリウム[g]はそのまま食塩量[g]と考えることができないので、指導する債には注意を促す。
  • 分子量から考えるとNa(23), Cl(35.5)なので、ナトリウムx[g]は食塩 x /23 * (23 + 35.5)、つまり2.54 * x [g]となる。
例えば、小生が常食している某社のインスタントラーメンにはナトリウム2[g]との記載があるが、これは5.08gの食塩が含まれているということになる。もちろんスープは全部飲む。1日3袋食べたことがあるのだが、、、

臨床関連


トリウム」

  [★]

thoriumTh
トロトラスト、232Th

概念

参考1
  • 原子番号:90
  • 元素記号:Th
  • アクチノイド元素の一つ
  • 銀白色の金属。
  • 安定同位体は存在しない。
  • 北欧神話の軍神または雷神トールにちなんで名づけられた。

同位体

参考1
同位体 NA 半減期 DM DE (MeV) DP
228Th trace 1.9116 y α 5.52 224Ra
229Th syn 7340 y α 5.168 225Ra
230Th trace 75380 y α 4.77 226Ra
231Th trace 25.5 h β 0.39 231Pa
232Th 100 % 1.405 × 1010 y α 4.083 228Ra
234Th trace 24.1 d β 0.27 234Pa

参考

  • 1. wikipedia ja
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





サッカリン」

  [★]

saccharin
saccharinum
サッカリンナトリウム saccharin sodiumサッカリンカルシウム saccharin calcium
甘味剤甘味料


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡