サイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素

出典: meddic

cAMP-dependent protein kinaseprotein kinase AA-kinase
AキナーゼプロテインキナーゼAcAMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックAMP依存性タンパク質キナーゼサイクリックAMP依存性プロテインキナーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

環状AMP依存性蛋白質リン酸化酵素:他の蛋白質にリン酸基を付加する酵素で環状 AMP濃度が高い時のみ働く。環状AMPを切って信号を止める酵素を阻害する薬剤は、 肺高血圧症や勃起不全の治療に用いられる。
キナーゼ(リン酸基転移酵素)の中でタンパク質をリン酸化するキナーゼをプロテイン キナーゼと呼ぶが、このプロテインキナーゼ ... 2.4 Ca2+/カルモジュリン依存性 タンパク質キナーゼ. 2.4.1 構造と自己調節. 2.5 MAPキナーゼ; 2.6 Mos/Rafキナーゼ; 2.7 cdc2 ...

関連画像

: 環状AMP依存性タンパク質リン


★リンクテーブル★
先読みプロテインキナーゼA」「Aキナーゼ」「サイクリックAMP依存性プロテインキナーゼ」「protein kinase A
リンク元サイクリックAMP依存性タンパク質キナーゼ」「cAMP-dependent protein kinase」「A-kinase」「cAMP依存性タンパク質リン酸化酵素
関連記事酵素」「リン」「依存」「A」「クリック

プロテインキナーゼA」

  [★]

protein kinase A PKA
Aキナーゼ A kinaseサイクリックAMP依存性プロテインキナーゼ cyclic AMP-dependent protein kinase
プロテインキナーゼ protein kinase



Aキナーゼ」

  [★] プロテインキナーゼA


サイクリックAMP依存性プロテインキナーゼ」

  [★] プロテインキナーゼA


protein kinase A」

  [★]

PKA
PKA


サイクリックAMP依存性タンパク質キナーゼ」

  [★]

cyclic AMP-dependent protein kinasecAMP-dependent protein kinaseprotein kinase APKA
プロテインキナーゼAサイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素cAMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックAMP依存性プロテインキナーゼ


cAMP-dependent protein kinase」

  [★]

A-kinasecyclic AMP-dependent protein kinasePKAprotein kinase A


A-kinase」

  [★]

AキナーゼプロテインキナーゼAサイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素

cAMP-dependent protein kinasePKAprotein kinase A


cAMP依存性タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

cAMP-dependent protein kinase
サイクリックAMP依存性タンパク質リン酸化酵素サイクリックAMP依存性タンパク質キナーゼ


酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


クリック」

  [★]

ワトソン・クリックのDNAモデル





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡