コンカナバリンA

出典: meddic

concanavalin A, Con A
レクチン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 日本産赤米,黒米,白米のぬか抽出液中に存在する免疫調節活性
  • 岡井 康二,岡田 岳大,岡井(東) 紀代香,笠原 恵美子,井上 正康,山下 優毅
  • 産業医科大学雑誌 31(3), 231-242, 2009-09-01
  • … 日本産赤米,黒米,白米それぞれのぬか抽出液中に存在する免疫調節活性についてマウスの免疫細胞の培養システムを用いて分析した.これらのコメぬかのメタノール抽出液はコンカナバリンA(Con A)やリポポリサッカライド(LPS)によるマウス脾臓リンパ球の増殖反応を有意に抑制した.しかし,同様のリンパ球の培養システムにおける炎症性サイトカインの産生に対する影響を調べたところ,赤米ぬか抽出液は,Con Aによるインタ …
  • NAID 110007339730
  • 根管充填剤による免疫系細胞に対する傷害性についての検討
  • 今井 啓全,千葉 有,木村 裕一,釜田 朗,佐々木 重夫,山崎 信夫,天野 義和
  • 日本歯科保存学雑誌 52(4), 340-347, 2009-08-31
  • … パ球),またはFITC-抗μ抗体(Bリンパ球)でリンパ球の構成を調べた.統計処理はStudentのt検定を用い,危険率1%で判定した.CaNまたはVPを各量共存させると,リンパ球への^3H-TdRの取り込みは有意に強く抑制された.コンカナバリンAで活性化したリンパ球への根管充填剤浸漬液による^3H-TdRの取り込みに対する影響では,CaN浸漬液の原液と10倍希釈において有意に抑制したが,VP浸漬液では原液のみに抑制作用が認められた.CaN浸漬液を作 …
  • NAID 110007539254

関連リンク

栄養・生化学辞典 コンカナバリンAの用語解説 - レクチンの一種で,タチナタマメから 得る.単純タンパク質で,単量体の分子量は26k.二量体,四量体として存在する.α-D- マンノース残基,α-D-グルコース残基に親和性がある....

関連画像

124: コンカナバリンAと循環置換 コンカナバリンAの例 1cvn1ona - 概要 - PDBj Mine PDB ExplorerPDB-1con: THE REFINED STRUCTURE OF CADMIUM 1i3h - 概要 - PDBj Mine PDB Explorer124: コンカナバリンAと循環置換


★リンクテーブル★
先読みレクチン」「concanavalin A
リンク元マイトジェン」「Con A
拡張検索コンカナバリンA受容体」「コンカナバリンAレセプター
関連記事リン」「A」「バリン」「As」「Ad

レクチン」

  [★]

lectin
isolectin


  • 動植物に含まれ糖鎖結合能により凝集反応を起こすタンパク質の総称


concanavalin A」

  [★]

ConA
ConA


マイトジェン」

  [★]

mitogen
有糸分裂促進剤分裂促進因子 mitogenic factor


  • T cell mitogen
  • B cell mitogen
LAB.783
  • T細胞:特異抗原、抗T細胞抗原レセプター抗体、抗CD3抗体、PHA、ConA、スーパー抗原、フォールボールエステル(PMAなど)
  • B細胞:抗IgM抗体、Staphylococcus aureus Cowan I(SAC)、プロテインA
  • T/B細胞:PWM



Con A」

  [★]

  • コンカナバリンA
concanavalin A

コンカナバリンA受容体」

  [★]

concanavalin A receptor
コンカナバリンAレセプター

コンカナバリンAレセプター」

  [★]

concanavalin A receptor
コンカナバリンA受容体

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





A」

  [★]

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「answer / ampere」

WordNet   license wordnet

「the 1st letter of the Roman alphabet」
a

WordNet   license wordnet

「the blood group whose red cells carry the A antigen」
type A, group A


バリン」

  [★]

valine, Val, V
[[]]


  • 無極性。無電荷
  • 側鎖:
  CH3
  |
-CH
  |
  CH3
  • CH3がV字型に広がっている?


As」

  [★] ヒ素

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「arsenicの化学記号」

Ad」

  [★]

adenoviraladenovirus



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡