コレステロールの生合成

出典: meddic

cholesterol biosynthesis, biosynthesis of cholesterol
コレステロール


  • コレステロールは酢酸を原料として合成される。
acetyl-CoA→hydroxymethyl-glutaryl coenzyme A(HMG-CoA)-(HMG-CoA reductase)→mebaronate→・・・→コレステロール




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 天然物化学実験 : 植物に含まれるコレステロールの生合成経路を推定する実験
  • 高津戸 秀,木戸脇 直
  • 上越教育大学研究紀要 22(1), 11-18, 2002
  • NAID 110000530767
  • 紅茶テアフラビンによるコレステロール生合成酵素阻害作用
  • 阿部 郁朗,関 貴弘,野口 博司 [他],原 征彦
  • 日本食品化学学会誌 7(1), 47-50, 2000-04-30
  • コレステロール生合成律速酵素のひとつ、スクアレンエポキシダーゼ(SE)(EC1.14.99.7)は、コレステロールの生合成における最初の酸素添加反応を触媒する膜結合性のフラビンモノオキシゲナーゼである。既に我々は、大腸菌において発現させたラット組み換え酵素を用いて、天然より酵素阻害剤のスクリーニングを行った結果、緑茶由来の(-)-epigallocatechin-3-O-gallate(IC_&l …
  • NAID 110007367199
  • コレステロールの生合成及び代謝制御におけるスクアレンエポキシダーゼの調節機構
  • 日高 裕介
  • ビタミン 65(5・6), 227-242, 1991-06-25
  • Regulation of squalene epoxidase in the cholesterol biosynthetic pathway was studied in human hepatoma cell line, Hep G2 and in rat liver. Incubation of Hep G2 cells with L-654, 969, an inhibitor of 3 …
  • NAID 110002848989

関連リンク

ステロイドの中心的な化合物はコレステロールである。コレステロールは真核生物の生体膜の構成成分の1つとして膜の流動性を調節する役割以外に、ステロイドホルモン,ビタミンD,胆汁酸などの生合成原料として重要な化合物である。
コレステロールの生合成の律速過程となります。コレステロールは、P450によって酸化されて、コール酸へと代謝されます。コール酸は、代表的な胆汁酸の1つで、胆汁の成分として、脂質の消化吸収を助けます。ちなみに、コール酸の ...
栄養・生化学辞典 - コレステロール生合成の用語解説 - コレステロールを体内で合成することで,アセチルCoAを材料にし,メバロン酸を代謝中間体として生合成する.

関連画像

悪玉コレステロールと善玉 1、コレステロールの代謝ステロイド骨格形成反応。画像 コレステロールの生合成1.jpg吸収抑制効果の評価法に関する Choは脂肪や炭水化物から作られ


★リンクテーブル★
先読みcholesterol biosynthesis
リンク元HMG-CoA還元酵素阻害薬」「ヒドロキシメチルグルタリルCoA」「biosynthesis of cholesterol
関連記事コレステロール」「合成」「生合成」「ステロール」「レス

cholesterol biosynthesis」

  [★]


HMG-CoA還元酵素阻害薬」

  [★]

HMG-CoA reductase inhibitor
ヒドロキシメチルグルタリルコエンザイムA還元酵素阻害薬 hydroxymethylglutaryl-CoA reductase inhibitorスタチン statin
高脂血症治療薬高脂血症コレステロールの生合成HMG-CoA還元酵素 HMG-CoA reductase

特徴

  • 強力なコレステロール低下作用
アトルバスタチンの場合
血清TC低下率30%
血清LDL-C低下率41%
血清TG低下作用
TG250-350mg/dl 380
TG350-450mg/dl 470
プラバスタチンは水溶性。(⇔脂溶性だとどこでも入っていく→全身性に作用する)
プラバスタチンの輸送担体は肝臓にしかない→臓器選択性↑→安全性↑
CYP3A4との相互作用がない

種類

作用機序

  • HMG-CoA reductaseを競合阻害→肝内コレステロール産生↓→肝LDL受容体発現↑→血中LDL↓
HMG-CoA reductaseHMG-CoAからmevalonate産生を触媒

副作用

原因:メバロン酸合成↓→CoQ↓→ミトコンドリア機能異常。Cl-の細胞膜透過性の変化
  • 2. CYPを介する薬物相互作用
CYP 代謝されるスタチン 代謝される薬物 強く阻害する薬物
CYP2C9 フルバスタチン ワーファリン
ジクロフェナク
フェニトイン
サルファ剤
ST合剤
CYP3A4 シンバスタチン
セリバスタチン
アトルバスタチン
ニフェジピン
シクロスポリン
ジルチアゼム
など多数
エリスロマイシン
シメチジン
イトラコナゾール
ベラパミル
薬物相互作用によりCYP3A4の働きが阻害されると、横紋筋融解症の引き金となりうる
  • 3. 肝障害
脂溶性HMG-CoA還元酵素阻害薬は重篤な肝障害を起こす

禁忌

  • 妊婦




ヒドロキシメチルグルタリルCoA」

  [★]

hydroxymethylglutaryl-CoA, HMG-CoA
3-ヒドロキシ-3-メチルグルタリルCoA 3-hydroxy-3-methylglutaryl-CoA
HMG-CoA還元酵素阻害薬コレステロールの生合成


==参考

  • 1.
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%89%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%81%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%ABCoA

biosynthesis of cholesterol」

  [★] コレステロールの生合成


コレステロール」

  [★]

cholesterol
コレステリン cholesterin
lipoprotein

分子式

  • C27H46O = 386.66

吸収

カイロミクロンに含まれる脂質は、血管内皮に存在するリポ蛋白リパーゼ(LPL)により分解されて脂肪酸を遊離し、コレステロールの比が高いカイロミクロンレムナントとなる。
  • 肝臓はカイロミクロンレムナントを取り込む

生合成

  • コレステロールは酢酸を原料として合成される。
acetyl-CoA→hydroxymethyl-glutaryl coenzyme A(HMG-CoA)-(HMG-CoA reductase)→mebaronate→・・・→コレステロール
コレステロールの生合成

体内循環

  • 肝臓は血液循環にVLDLを放出する
血液循環中のVLDLの脂質は、、血管内皮に存在するリポ蛋白リパーゼ(LPL)により分解されて脂肪酸を遊離し、コレステロールの比が高いIDLLDLとなる。
組織からはコレステロール比型が高いHDLが放出され、そのまま肝臓に取り込まれるか、IDLにコレステロールを渡すことでコレステロールの逆輸送を行っている(内因性の抗動脈硬化作用)。
  • 肝臓は血液循環からHDL, IDL, VDLを受容体を介して取り込む

排泄

  • 肝臓でコレステロールは胆汁酸に変換され、胆汁として排出される
see HBC.236
Lipoprotein Source Diameter
(nm)
Density
(g/mL)
Composition Main Lipid
Components
Apolipoproteins
Protein Lipid
(%) (%)
Chylomicrons Intestine 90~100 < 0.95 1~2 98.99 Triacylglycerol A-I, A-II, A-IV,1 B-48, C-I, C-II, C-III, E
Chylomicron remnants Chylomicrons 45~150 < 1.006 6~8 92.94 Triacylglycerol, phospholipids, cholesterol B-48, E
VLDL Liver (intestine) 30~90 0.95~1.006 7~10 90~93 Triacylglycerol B-100, C-I, C-II, C-III
IDL VLDL 25~35 1.006~1.019 11 89 Triacylglycerol, cholesterol B-100, E
LDL VLDL 20~25 1.019~1.063 21 79 Cholesterol B-100
HDL1 Liver, intestine, VLDL, chylomicrons 20~25 1.019.1.063 32 68 Phospholipids, cholesterol A-I, A-II, A-IV, C-I, C-II, C-III, D,2 E
HDL2   10~20 1.063~1.125 33 67    
HDL3   5~10 1.125~1.210 57 43    
Preβ-HDL3   < 5 > 1.210       A-I
Albumin/free fatty Adipose acids tissue   > 1.281 99 1 Free fatty acids  

基準値

脂質異常症→ 血清:Total-CHO≧220 mg/dl。LDL-C≧140 mg/dl。TG≧150 mg/dl。HDL-C<40 mg/dl

参考

  • 1.
[display]http://rockymuku.sakura.ne.jp/naibunnpitunaika/koresutero-runotanninokannzann.pdf



合成」

  [★]

synthesissynthesesconstructionelaborationsynthesizesynthetic
建設構成合成的作成生成同化同化作用総合的



生合成」

  [★]

biosynthesisbiosynthesesbiogenesisbiosyntheticbiogenetic
生物発生バイオジェネシス生物発生的



ステロール」

  [★]

sterol
ステリン sterin



レス」

  [★]

loess
黄土



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡