コリシン

出典: meddic

colicin

和文文献

  • 多彩なバクテリオシン--mRNAやtRNAをまねるコリシンの構造と機能 (特集 生物がつくる攻撃的分子)
  • 正木 春彦,小川 哲弘,矢嶋 俊介
  • 蛋白質核酸酵素 54(5), 593-600, 2009-04
  • NAID 40016565402
  • 赤痢菌型別検査方法としてのAmplified Fragment Length Polymorphism (AFLP) 法の有用性の検討
  • 野田 多美枝,村上 光一,濱崎 光宏,石黒 靖尚,宮原 美知子
  • Journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 80(5), 513-521, 2006
  • … 赤痢菌51株を, AFLP法とコリシン型別法およびパルスフィールドゲル電気泳動法 (PFGE法) の3法で型別し, 「型別能力」, 「再現性」, 「識別能力」, 「解釈の容易さ」および「実行の容易さ」の5項目について比較を行った. …
  • NAID 130004331340
  • レセプター膜蛋白質を介した蛋白質の膜透過機構--コリシンE3とビタミンB12レセプターの複合体結晶構造から
  • 栗栖 源嗣,Zakharov Stanislav D.,Zhalnina Mariya V. [他]
  • 蛋白質核酸酵素 50(4), 356-361, 2005-04
  • NAID 40006672138

関連リンク

大学院のときのテーマは、コリシンの受容体に関する研究でした。コリシンというのは、 なじみのないかたが多いかも知れませんが、主として大腸菌を標的とするタンパク質性 の毒素です。標的細胞を殺すためには、コリシンが大腸菌の表層にある受容体に結合 する ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • エリスロマイシン・コリスチン点眼剤

販売名

エコリシン眼軟膏

組成

有効成分:含量(1g中)

  • エリスロマイシンラクトビオン酸塩:5mg(力価)
    コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム:5mg(力価)(15万単位)

添加物

  • 白色ワセリン、流動パラフィン

禁忌

  • エリスロマイシン、コリスチンに対し過敏症の既往歴のある患者


効能または効果

適応菌種

  • エリスロマイシン/コリスチン感性菌

適応症

  • 眼瞼炎、涙嚢炎、麦粒腫、結膜炎、角膜炎(角膜潰瘍を含む)


  • 1日数回点眼する。


  • 本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること。


薬効薬理

作用機序4)

  • 本剤の抗菌作用を示す作用機序は、それぞれ感受性菌に対するエリスロマイシンのもつ細菌の蛋白合成を阻害する作用と、コリスチンが有する細胞質膜を障害する作用とに基づいている。

抗菌作用

  • エリスロマイシンはin vitroで、グラム陽性菌のブドウ球菌属、肺炎球菌、レンサ球菌属及びジフテリア菌などに強い抗菌力を示し、グラム陰性菌の淋菌、ヘモフィルス・エジプチウス(コッホ・ウィークス菌)及びモラクセラ・ラクナータ(モラー・アクセンフェルト菌)にも抗菌力を有している2)。また、トラコーマクラミジア(クラミジア・トラコマティス)にも抗菌作用を示す5)。一方、コリスチンはグラム陰性菌のヘモフィルス・エジプチウス(コッホ・ウィークス菌)やモラクセラ・ラクナータ(モラー・アクセンフェルト菌)のほか、特に緑膿菌に対して強い抗菌作用を示す2)


有効成分に関する理化学的知見

エリスロマイシンラクトビオン酸塩

一般名

  • エリスロマイシンラクトビオン酸塩(Erythromycin Lactobionate)

略号

  • EM(エリスロマイシン)

化学名

  • (2R,3S,4S,5R,6R,8R,10R,11R,12S,13R)-5-(3,4,6-Trideoxy-3-dimethylamino-β-D-xylo-hexopyranosyloxy)-3-(2,6-dideoxy-3-C-methyl-3-O-methyl-α-L-ribo-hexopyranosyloxy)-6,11,12-trihydroxy-2,4,6,8,10,12-hexamethyl-9-oxopentadecan-13-olide mono(4-O-β-D-galactopyranosyl-D-gluconate)

分子式

  • C37H67NO13・C12H22O12

分子量

  • 1092.22

性状

  • 本品は白色の粉末である。
    本品は水、メタノール又はエタノール(99.5)に溶けやすく、アセトンに極めて溶けにくい。

コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム

一般名

  • コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム(Colistin Sodium Methanesulfonate)

略号

  • CL(コリスチン)

性状

  • 本品は白色〜淡黄白色の粉末である。
    本品は水に溶けやすく、エタノール(95)にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
拡張検索コリシン因子」「コリシン生産性因子」「コリシン因子導入」「コリシンタイピング
関連記事リシン

コリシン因子」

  [★]

colicin factor, Col fac
Col因子 Col factorコリシン生産性因子 colicinogenic factor
コリシン



コリシン生産性因子」

  [★]

colicinogenic factor
コリシン因子


コリシン因子導入」

  [★]

colicinoduction
コリシン因子


コリシンタイピング」

  [★]

colicin typing
コリシン


リシン」

  [★]

ricin ≠ lysine
植物性毒素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡