コポリマー

出典: meddic

共重合体


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/26 08:57:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ブロックコポリマーを用いた粘・接着剤の技術と特徴 (特集 幅広い用途に使用される接着剤)
  • JETI : Japan energy & technology intelligence 63(11), 70-72, 2015-10
  • NAID 40020622747
  • 特集 第37年会人工膜特別講演 PEO-液晶ブロックコポリマー薄膜のナノテンプレートプロセスとスマートメンブレンへの展開
  • 含フッ素セグメントをもつブロックコポリマーの精密合成および水/有機層間を往復可能な高分子ミセルの創製 (特集号 精密高分子合成の展望(2))
  • 高分子論文集 = Japanese journal of polymer science and technology 72(7), 480-485, 2015
  • NAID 40020545223

関連リンク

高分子関係について調べているのですが、コポリマーとダイマー(2量体)、トライマー(3 量体)の違いがよく分かりません ... コポリマーという概念は、付加重合物に対して用い られたのが最初ではないでしょうか? つまり、本質的に1種類のモノマー ...

関連画像

ブロックコポリマー系の ポリアセタール板[コポリマー]6Y92 コポリマーライナー (下腿 1120 가 청구 됩니다 コポリマー ブロックコポリマーに、熱な 各種プラスチックや無機物に対

添付文書

薬効分類名

  • 高血圧症・狭心症治療薬/持続性Ca拮抗薬

販売名

アムロジピンOD錠2.5mg「NS」

組成

有効成分・含量

  • 1錠中にアムロジピンベシル酸塩(日局)3.47mg(アムロジピンとして2.5mg)を含有

添加物

  • D-マンニトール、合成ケイ酸アルミニウム、ヒドロキシプロピルスターチ、結晶セルロース、還元麦芽糖水アメ、乳糖水和物、クロスポビドン、クロスカルメロースナトリウム、軽質無水ケイ酸、ヒプロメロース、メタクリル酸コポリマーL、エデト酸ナトリウム水和物、アスパルテーム(L-フェニルアラニン化合物)、タウマチン、黄色4号(タートラジン)、黄色5号、l-メントール、ステアリン酸マグネシウム

禁忌

  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
  • ジヒドロピリジン系化合物に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 高血圧症、狭心症
  • 本剤は効果発現が緩徐であるため、緊急な治療を要する不安定狭心症には効果が期待できない。
  • 成人の場合

・高血圧症

  • 通常、成人にはアムロジピンとして2.5〜5mgを1日1回経口投与する。
    なお、症状に応じ適宜増減するが、効果不十分な場合には1日1回10mgまで増量することができる。

・狭心症

  • 通常、成人にはアムロジピンとして5mgを1日1回経口投与する。
    なお、症状に応じ適宜増減する。
  • 小児の場合 〔アムロジピンOD錠2.5mg「NS」、アムロジピンOD錠5mg「NS」〕

・高血圧症

  • 通常、6歳以上の小児には、アムロジピンとして2.5mgを1日1回経口投与する。
    なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。


〔アムロジピンOD錠2.5mg「NS」、アムロジピンOD錠5mg「NS」〕

  • 6歳以上の小児への投与に際しては、1日5mgを超えないこと。

〔アムロジピンOD錠2.5mg「NS」、アムロジピンOD錠5mg「NS」、アムロジピンOD錠10mg「NS」〕

  • 本剤は口腔内で崩壊するが、口腔粘膜から吸収されることはないため、唾液又は水で飲み込むこと(「適用上の注意」の項参照)。

慎重投与

  • 過度に血圧の低い患者[さらに血圧が低下するおそれがある。]
  • 肝機能障害のある患者[本剤は主に肝で代謝されるため、肝機能障害患者では、血中濃度半減期の延長及び血中濃度−時間曲線下面積(AUC)が増大することがある。高用量(10mg)において副作用の発現率が高まる可能性があるので、増量時には慎重に投与すること。]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)
  • 重篤な腎機能障害のある患者[一般的に腎機能障害のある患者では、降圧に伴い腎機能が低下することがある。]

重大な副作用

肝機能障害、黄疸(頻度不明)

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害や黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

血小板減少、白血球減少(頻度不明)

  • 血小板減少又は白血球減少があらわれることがあるので、検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

房室ブロック(頻度不明)

  • 房室ブロック(初期症状:徐脈、めまい等)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • アムロジピンベシル酸塩はジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬としての作用を示すが、作用の発現が緩徐で持続的であるという特徴を有する。
    ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬は膜電位依存性L型カルシウムチャネルに特異的に結合し、細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより、冠血管や末梢血管の平滑筋を弛緩させる。非ジヒドロピリジン系カルシウム拮抗薬(ベラパミルやジルチアゼム)と比較すると、血管選択性が高く、心収縮力や心拍数に対する抑制作用は弱い2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アムロジピンベシル酸塩(Amlodipine Besilate)

化学名

  • 3-Ethyl 5-methyl (4RS)-2-[(2-aminoethoxy)methyl]-4-(2-chlorophenyl)-6-methyl-1,4-dihydropyridine-3,5-dicarboxylate monobenzenesulfonate

分子式

  • 2025ClN25・C663

分子量

  • 567.05


性状

  • 白色〜帯黄白色の結晶性の粉末である。メタノールに溶けやすく、エタノール(99.5)にやや溶けにくく、水に溶けにくい。メタノール溶液(1→100)は旋光性を示さない。

融点

  • 約198℃(分解)


★リンクテーブル★
先読みco-polymer
リンク元copolymer」「共重合体
拡張検索コポリマー1
関連記事ポリマー

co-polymer」

  [★]

copolymer


copolymer」

  [★]

  • n.
co-polymer

WordNet   license wordnet

「a polymer consisting of two or more different monomers」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「共重合体(2種類以上の単量体の重合による高分子化合物)」


共重合体」

  [★]

コポリマー


コポリマー1」

  [★]

copolymer-1
酢酸グラチラマー


ポリマー」

  [★]

polymer
重合体
モノマー





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡