コカイン依存

出典: meddic

cocaine dependence
コカイン乱用コカイン依存症コカイン中毒コカイン関連疾患コカイン常習者



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • コカイン依存研究の動向 (特集 薬物依存症--薬物依存症のトレンド) -- (薬物依存症の臨床各論--最新動向)
  • 覚せい剤依存とコカイン依存に対する塩酸ドネペジルの異なる効果
  • 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 25(6), 339, 2005-12-25
  • NAID 10016943059
  • 大規模試験はコカイン依存症に鍼が無効であることを明らかにした (FACT誌収載[鍼灸関係論文](22))
  • 医道の日本 = The Japanese journal of acupuncture & manual therapies 61(14), 37-39, 2002-12
  • NAID 40020368430

関連リンク

コカインの依存者は、もうやめることができないこと。 脳の中では本来は覚醒の後に訪れるべきリラックスした感じを伝達させるために必要な化学物質を、コカインがストップさせてしまい、相変わらず典型的な形のドーパミン(快楽伝達 ...
ようこそ!! ナオルコム へ シッカリ食べて ・・・ バリバリ働き ・・・ グッスリ休んで ... 精神への作用機構解明 米ブルックヘブン国立研究所とニューヨーク州立大学、コロンビア大学の共同チームはコカインの ...

関連画像

エフロン が コカイン 依存 7.ニコチン依存症のまとめ コカイン依存症と闘い続けた30 コカイン依存症治療を告白コカイン依存症でリハビリ退所 コカイン依存症


★リンクテーブル★
リンク元コカイン中毒」「コカイン常習者」「cocaine dependence」「コカイン関連疾患」「コカイン乱用
拡張検索コカイン依存症
関連記事コカイン」「依存

コカイン中毒」

  [★]

cocaine addiction
コカイン乱用コカイン依存コカイン嗜癖コカイン関連疾患コカイン常習者
麻薬及び向精神薬取締法麻薬#中枢神経興奮薬 stimulants



コカイン常習者」

  [★]

cocaine user
コカイン乱用コカイン依存コカイン中毒コカイン関連疾患コカイン使用者


cocaine dependence」

  [★]

cocaine abusecocaine addictioncocaine usercocaine-related disorder


コカイン関連疾患」

  [★]

cocaine-related disorder
コカイン乱用コカイン依存コカイン中毒コカイン常習者


コカイン乱用」

  [★]

cocaine abuse
コカイン依存コカイン中毒コカイン関連疾患コカイン常習者


コカイン依存症」

  [★]

cocaine dependence
コカイン依存


コカイン」

  [★]

cocaine
cocainum
塩酸コカイン cocaine hydrochloride
薬物濫用麻薬
コカアルカロイド系製剤

概念

  • 俗名"crack","freebase" (BBS.74)
  • コカの葉に含まれるアルカロイド。精製するとコカインとなる。
  • 濫用薬物としての分類はstimutans(see. 薬物濫用)
  • 麻酔作用がある → エステル型の局所麻酔薬として使われる

構造

作用機序

薬理作用

  • 局所麻酔作用
  • 交感神経興奮作用
  • 中枢神経興奮作用

動態

  • 皮膚からの吸収:悪い
  • 粘膜からの吸収:良好

適応

注意

MAO阻害薬を服用している場合、神経終末部のニューロン内でノルアドレナリン濃度の上昇を期待→コカインはノルアドレナリンのuptake1を抑制→MAO阻害薬の作用が減弱

麻薬としてのコカイン

  • 種類:stimulants
  • 症状:幻覚、性欲亢進、不眠。精神依存強
  • 妊娠中の妊婦がコカインを使用すると、新生児にhyperactivityやgrowth retardationが見られる
  • 虫が体を這うような幻触(tactile hallucination)が見られる("cocaine bugs")
  • "crack", "freebase"は安価なコカインであり、喫煙により吸入する。精製したコカインは鼻孔から嗅いで吸引する。



依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1 43 "salts" Ltd maritime"freights :contacts mail 18
2consat tv frequency direction of dish 16
3tb test 陽性 13
40 HTTP/1.1 11
51,1024,768,24 HTTP/1.1 11
6找多毛的日本 8
7 43 "machinery" ltd "maritime "freights :contacts mail 8
8日本母多毛 8
9血糖降下薬 一覧 7
101,320,568,24 HTTP/1.1 7
11 43 " paperboard " Ltd maritime freights :contacts mail 7
12日本多毛 7
13難病 一覧 5
14ラインウィーバーバークプロット 5
15酸性色素が水に溶けやすい 4
16BSCH 肺静脈血栓症 British society hematology 4
17陰性菌 陽性菌 真菌 4
18Culpen フルクロキサシリン 4
19肝細胞癌血流 結節性動脈炎腫瘍 末期症状 4
20ワレンベルグ症候群 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1tb test 陽性 13
2日本母多毛 8
3找多毛的日本 8
4血糖降下薬 一覧 6
5ラインウィーバーバークプロット 4
6陰性菌 陽性菌 真菌 4
7酸性色素が水に溶けやすい 4
8BSCH 肺静脈血栓症 British society hematology 4
9otoconia 4
10アプガースコア 4
11systemic vascular resistance 計算 3
12抗コリン薬 3
13ワレンベルグ症候群 3
14下腿軸 3
15acenocoumarol 2
16ストリキニーネ 症状 2
17ホフマン症候群とは 2
18右側臥位 2
19Streptococcus agalactiae 2
20塩酸インデノロール薬 副作用 2