ケージ型ボール弁

出典: meddic

caged ball valve
人工弁


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

No.83A 形調節弁はケージガイド形調節弁で、制御特性の選択範囲やレデュースポートの製作範囲が広く、各種対策弁として広汎に適用できます。 開閉時の流体のスラスト特性に優れ、一般用だけでなく、電力プラントや化学 ...
ライフサイクル型ソリューションを提供するアズビル株式会社(旧:株式会社山武)アドバンスオートメーションカンパニー。プレッシャバランス形ケージ調節弁/CV3000シリーズ(ACP形)のご紹介。大きな弁容量とレンジ ...

関連画像

 ボール弁/バタフライ弁/その他KOMOTO社 INCスチームトラップ・遠心分離機 ケージ弁/3方弁/Y型弁/ピストン


★リンクテーブル★
先読み人工弁
関連記事

人工弁」

  [★]

prosthetic
prosthetic valve PV, artificial valve
人工心臓弁 prosthetic cardiac valve


機械弁と生体弁の比較

  機械弁 生体弁
種類 二様弁 1. 異種生体弁(ブタ大動脈弁、牛心膜弁)
2. 同種生体弁(大動脈弁置換術のみ)
 →ヒト大動脈弁、自己肺動脈弁
利点 耐久性(10年以上) ・抗血栓療法が不要
・自然な弁機能
欠点 血栓予防のために
生涯ワーファリンの服用が必要
10年以下(再手術を要する)
適応 普通は機械弁を使用 1. 出産希望
2. 出血性疾患がある症例
3. 小児(自己肺動脈弁)

人工弁と生体弁まとめ

  • 人工弁(機械弁)は10年以上もつ耐久性があるというメリットがあるが、一方で弁に血栓が形成されないよう生涯にわたって抗血栓薬を服用する必要がある。生体弁は異種生体弁(ブタ大動脈弁、ウシ心膜弁)と同種生体弁(ヒト大動脈弁、自己肺動脈弁)があるが、いずれも抗血栓薬の服用が不要であるというメリットがあり、これは出産を希望している女性、小児、出血性疾患がある症例においては良い適応となる。一方で、耐久性に問題があり、10年を超えると弁機能不全となり交換を要するというデメリットがある。


型」

  [★]

機序形式形成形態種類パターンパターン形成品種編成方法モード様式タイプ標本タイプフォーム成立形づくる
原型




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡