ケル抗原

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 溶血反應ニ於ケル抗原抗體ノ量的關係ニ就テ(阻止竝ニ結合帶現象)
  • 大川 富雄
  • 岡山医学会雑誌 53(10), 2018-2046, 1941-10-31
  • Im Jahre 1927 hat Prof. Dr. M. Ogata eine Methode für die Prüfung der Präzipitation mittels der Immunkörperverdünnung gefunden und mit dieser nachgewiesen, dass sich der Antikörper mit dem Antigen in …
  • NAID 120002835570
  • 鼻疽菌ノ抗原ニ關スル研究. I. 補體結合反應ニ於ケル抗原及抗體ノ反應域ノ觀察
  • 西 武,澁谷 芳吉
  • 日本獸醫學雜誌 2(2), 139-154, 1940-05-20
  • NAID 110003977321

関連リンク

3112 159. 612. 11 血球凝集反應ニ於ケル抗原竝ニ 抗體ノ好適量ニ就テ 岡山醫科大學衛生學敎室(主任緒方敎授) 城 義 彰 [昭和7年6月27日 受稿] Aus dem Hygienischen Instrtut der Medizinischen Universitat Okayama (Vorstand ...
... 式血液型抗原はRBC膜に僅かの複製(2000-5000)しか持たない糖蛋白分子にある。さらに、ケル抗原をRBC膜から単離すると、93kDの蛋白が回収される。そのアミノ酸配列は決定されていることから、その分子全体で15個もの (6) ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元マックレオド表現型
関連記事抗原」「

マックレオド表現型」

  [★]

McLeod phenotype
ケル抗原


抗原」

  [★]

antigen Ag
抗体


分類


原」

  [★]

proto
プロト




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡