グロブリン反応

出典: meddic



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 髓膜炎および多発神経根炎症状を呈したサルコイドージスの1例
  • 村瀬 弘,小寺 実,内村 功,島本 達夫,綿引 定清,前沢 秀憲
  • 日本内科学会雑誌 69(3), 347-353, 1980
  • … 検査に特別な異常なく,神経学的には,髄膜刺激症状,右第VII, IX, X脳神経障害,両側第VIII脳神経障害,四肢でび漫性の筋萎縮を伴う対称性の筋力低下,腱反射低下を認めた.髄液は初圧70mmH2O,細胞数9/mm3,蛋白187ng/dl,グロブリン反応陽性,糖39mg/ml,筋電図では神経原性変化,腓骨神経伝導速度低下の所見を得た.画側肺門リンパ節腫脹,耳下腺および斜角筋リンパ節生検でサ肉芽腫を証明,細胞免疫低下等の所見から,神経サ症と診断した. …
  • NAID 130000890805
  • 血清混濁反応および髄液グロブリン反応機序の寒天電気泳動による研究
  • 右田 俊介 [他]
  • 臨床内科小児科 15(11), ????, 1960-11
  • NAID 40018614778

関連リンク

健常人における血清中のIgE濃度はng/ml単位であり他の種類の免疫グロブリンと比較 しても非常に低いが、アレルギー疾患を持つ患者の血清中では濃度が上昇しマスト細胞 や好塩基球の細胞内顆粒中に貯蔵される生理活性物質の急速な放出(脱顆粒反応)を  ...
血液中および外分泌液中に存在し、粘膜感染における局所免疫反応に重要。 IgM ( 免疫グロブリンM) ♂33~190mg/dL ♀46~2690mg/dL, ↑↑, [原発性マクロ グロブリン血症]. ・一次免疫応答の産物。 ・免疫の初期に重要。 IgD (免疫グロブリンD) 9mg/dL ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
関連記事グロブリン」「リン」「反応」「ロブ

グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



ロブ」

  [★] ロキソプロフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡