グレイ症候群

出典: meddic

gray syndrome, gray baby syndrome
灰白症候群
クロラムフェニコール


  • 新生児へのクロラムフェニコール投与は、肝機能が未熟であることからクロラムフェニコールの血中濃度が高まり、急性末梢循環不全を来す。この結果として皮膚の色が灰白色となる。
いまどき、クロラムフェニコールを経口で使うことはあまりないけどね


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • シェーグレイ症候群を診る
  • 藤本 隆
  • Journal of Nara Medical Association 54(4), 195-206, 2003-08-30
  • シェーグレン症候群は,1933年にSjögrenにより原因不明の乾燥性角結膜炎と耳下腺腫脹を合併するリウマチ性疾患と報告されたのを端緒とする。本症候群は,涙腺や唾液腺などの外分泌腺に限局した臓器特異的自己免疫疾患を特徴とするが,同時に問質性腎炎・問質性肺炎・原発性胆汁性肝硬変症などの系統的自己免疫疾患を随伴することが少なくない。その発症には何らかの免疫異常が誘発されることが引き金になるも …
  • NAID 120004972761

関連リンク

循環虚脱を発症する新生児グレイ症候群はしばしば致死的である。その原因は,未熟な肝臓がクロラムフェニコールを代謝できないことによる,血中濃度の上昇である。グレイ症候群を回避するために,生後1カ月以下の乳児には最初に ...
ドリアン・グレイ症候群(ドリアン・グレイしょうこうぐん、英: Dorian Gray syndrome ; DGS )とは、個人的な外見や肉体に基づく極端な自尊心に特徴付けられる、社会文化的現象を指し示す言葉である。これには心理的成熟の必要性と ...
... 2021年に自己免疫疾患が完治可能になる」としていますので、この頃には 「シェ-グレン症候群の治癒」が期待されます。これは日本の専門家たちの予測で、このような予測を頭に入れて患者さんと医師が協力し合って忍耐強く病気 ...

関連画像

ゲームシステム要件:ゲームシステム要件: :ドリアン・グレイ症候群


★リンクテーブル★
先読みクロラムフェニコール
関連記事症候群」「グレイ」「」「症候

クロラムフェニコール」

  [★]

chloramphenicol, CP
コハク酸クロラムフェニコールナトリウム
クロロマイセチンサクシネートクロロマイセチン Chloromycetin、(クロラムフェニコールコリスチンメタンスルホン酸ナトリウム)オフサロンコリマイコリナコール。(クロラムフェニコールフラジオマイシンプレドニゾロン)クロマイハイセチンPハイセチン
抗菌薬化膿性疾患用剤


特徴

  • a broad-spectrum bacteriostatic agent ← クロラムフェニコールテトラサイクリン
  • 50SリボソームのA siteに結合してpeptide bond formationを妨げる。
  • 静菌的に作用する。
  • 毒性が強いので、激しい感染症のケース、または局所薬として用いられる。

作用機序

  • リボソームの50Sサブユニットに作用
  • inhibits 50S peptidyltransferase

適応

  • 副作用のためUSでの使用は稀
  • meningitis (Haemophilus influenzae, Neisseria meningitidis, Streptococcus pneumoniae).

禁忌

肝機能や腎機能が未熟なため

副作用

  • 稀であるが、以下のものがある



症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



グレイ」

  [★]

gray Gy
吸収線量実効線量

定義

  • 電離放射線によって1kgの物質に与えられるエネルギーが1Jの時を1Gyとする
1 [Gy] = 1 [J/kg]




群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡