グルコース感受性ニューロン

出典: meddic

glucose-sensitive neuron
グルコース



和文文献

  • 視床下部弓状核グルコース感受性ニューロンにおける低グルコース感知機構の解明(平成18年度自治医科大学大学院医学研究科研究奨励賞研究成果報告)
  • グルコース感受性ニューロンの機能解析

関連リンク

その後、実際にグルコースによって興奮するニューロン(グルコース受容ニューロン)が腹 内側核に、またグルコースによって抑制されるニューロン(グルコース感受性ニューロン) が外側野に多く存在することが大村ら(1964~1969)によって報告され、この仮説を ...
満腹中枢には、血糖値が上昇すると興奮するニューロン、グルコース受容性ニューロン がある。 一方の空腹中枢には、血糖値が下がると興奮するニューロン、グルコース 感受性ニューロンがある。 食事をして4~5分で、炭水化物が分解されてグルコースと なって ...

関連画像

味覚感覚ニューロンの感受性の 味覚感覚ニューロンの感受性の 味覚感覚ニューロンの感受性の 味覚感覚ニューロンの感受性の 味覚感覚ニューロンの感受性の  ニューロンのグルコース感受性


★リンクテーブル★
リンク元glucose-sensitive neuron
関連記事グルコース」「ニューロン」「コース」「感受性」「感受

glucose-sensitive neuron」

  [★] グルコース感受性ニューロン


グルコース」

  [★]

glucose, grape sugar, dextrose
ブドウ糖注、グルノン
GLUT血中グルコース濃度血糖値GLUT
グルコース1-リン酸グルコース6-リン酸

分子量

  • 分子量:180 g/mol
血糖 100 mg/dl -> 1000 mg/l ; 1000 mg/l / 180 g/mol ≒5.6 mmol/l = 5.6 mM

尿細管におけるグルコースの再吸収 SP.801

  • 近位尿細管における刷子縁で行われる。
  • 管腔側に糖/Na+共輸送体 SGLT(SGLT1SGLT2)が存在し、Naとグルコースを共輸送する
  • SGLT2がグルコースの取り込みに貢献している(低親和性、高用量の輸送担体)
  SGLT1 SGLT2
局在 近位尿細管 近位尿細管
 中間部(S2)  起始部(S1)
 終末部(S3)
グルコースの親和性 高親和性 低親和性
  • 側底膜にはGLUT2が存在し、血液循環にグルコースを輸送する。

輸液で用いられるグルコース

  • 末梢静脈:5%グルコース。5g/100g -> 50g/1L -> 50/180 Eq/L -> 277.78 mEq/L

臨床関連




ニューロン」

  [★]

neuron, nerve cell
神経細胞神経元?、神経単位

組織学

構造

分類




コース」

  [★]

course
過程課程経過


感受性」

  [★]

sensitivity, susceptibility




感受」

  [★]

perception
知覚認知




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡