グルコースクランプ法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • グルコースクランプ法 : 他検査との組み合わせによるインスリン抵抗性・エネルギー代謝評価
  • 東 宏一郎
  • 臨床スポーツ医学 = The journal of clinical sports medicine 26(9), 1111-1118, 2009-09-01
  • NAID 10027590810

関連リンク

概要 グルコースクランプ検査とは 糖尿病や肥満の患者さんの体の中で、インスリンの効きの良さ(インスリン感受性)がどの程度低下しているかを調べる検査です。 インスリン感受性とは インスリンはヒトの膵臓(すいぞう)で ...
Q.450 グルコースクランプ法とは、どんな検査ですか? A. やはりインスリン抵抗性の程度を調べる方法の一つです。インスリンを注入しながら、血糖値が一定になるようにブドウ糖を同時に注入し続けます。一定の血糖値を維持するのに ...
グルコースクリアランス=600/SPSS(ml/kg/min)を換算式として、グルコースクランプ法と比較検討可能である。グルコースクリアランスは正常値54~160 となっている(図2)。 3-2)Somatostatin をもちいる場合 (9) ブドウ糖を6mg/kg/min で ...

関連画像

グルコースクランプ法写真:頚動脈エコー法による グルコースクランプ法、最新のグルコースクランプ


★リンクテーブル★
関連記事グルコース」「」「クランプ」「コース

グルコース」

  [★]

glucose, grape sugar, dextrose
ブドウ糖注、グルノン
GLUT血中グルコース濃度血糖値GLUT
グルコース1-リン酸グルコース6-リン酸

分子量

  • 分子量:180 g/mol
血糖 100 mg/dl -> 1000 mg/l ; 1000 mg/l / 180 g/mol ≒5.6 mmol/l = 5.6 mM

尿細管におけるグルコースの再吸収 SP.801

  • 近位尿細管における刷子縁で行われる。
  • 管腔側に糖/Na+共輸送体 SGLT(SGLT1SGLT2)が存在し、Naとグルコースを共輸送する
  • SGLT2がグルコースの取り込みに貢献している(低親和性、高用量の輸送担体)
  SGLT1 SGLT2
局在 近位尿細管 近位尿細管
 中間部(S2)  起始部(S1)
 終末部(S3)
グルコースの親和性 高親和性 低親和性
  • 側底膜にはGLUT2が存在し、血液循環にグルコースを輸送する。

輸液で用いられるグルコース

  • 末梢静脈:5%グルコース。5g/100g -> 50g/1L -> 50/180 Eq/L -> 277.78 mEq/L

臨床関連




法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


クランプ」

  [★]

clamp
有痛性れん縮, cramp
鉗子


コース」

  [★]

course
過程課程経過




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡