グリソン鞘

出典: meddic

Glisson sheath (KH), Glisson's sheath (HIS), Glisson capsule (Z)
グリッソン鞘Glisson鞘血管周囲線維鞘線維鞘管周線維被膜 perivascular fibrous capsule capsula fibrosa perivascularis門脈域 portal area portal tract
ヘーリング管


  • 肝臓の大部分は漿膜(腹膜)で覆われている。漿膜の下は密性結合組織の被膜(グリソン嚢)である。被膜は肝臓の全体に緩く結合しているが、肝門ではここを出入りする血管や肝管などに伴って実質内に入り込み、小葉間結合組織(グリソン鞘)となって実質を多数の小葉に分けている(HIS.357)。



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肝切除術の温故知新 : 時代変遷と現在の標準手術,肝門部グリソン鞘一括処理法 (特集 進歩する消化器外科手術 : 術式の温故知新)
  • 山本 雅一,片桐 聡,有泉 俊一
  • 臨床外科 = Journal of clinical surgery 68(1), 54-59, 2013-01-00
  • NAID 40019541706
  • ブロイラーに発生した組織球症
  • 布留川 せい子,谷 枝織,佐藤 哲哉
  • 鶏病研究会報 47(3), 177-181, 2011-11-25
  • … 病理組織学的検査を行ったところ、肝臓のグリソン鞘周囲、牌臓の中心動脈周囲、腎臓の間質にリンパ球とは異なる紡錘形~多形性の細胞質が豊富な細胞の増殖が認められた。 …
  • NAID 10030166575

関連リンク

2007年10月17日 ... 前述の通り、肝実質の細胞はグリソン鞘により小葉に分けられている。この小葉を特に 肝小葉(hepatic lobule)と言い、六角形の区画として捕らえられる。肝小葉は肝臓の 機能の小単位であり、中心静脈を中心として捉えるのが一般的である。
グリソン鞘; 門脈、肝動脈、胆管、リンパ管が含まれる; グリソン鞘樹: グリソン鞘の 枝分かれ=脈管の枝分かれ; この周囲の疾患 ... グリソン鞘樹は肝門で左右の1次分枝 となり、右枝はさらに2本の2次分枝となる→右区域、中区域、左区域の3つに分けられる ...

関連画像

クリックすると拡大グリソン鞘(弱拡大像):残存 グリソン鞘浸潤1肝臓の構造(病気の地図帳


★リンクテーブル★
先読み線維鞘
リンク元肝臓」「Glisson's capsule

線維鞘」

  [★]

肝臓

Glisson capsule (Z)


解剖

fibrous sheath
腱鞘



肝臓」

  [★]

liver
肝臓の病理肝区域
  • 図:N.279-283

発生学的由来

  • 発生第3週の中頃に、前腸末端における内胚葉性上皮芽として現れる。
  • 造血細胞、クッパー細胞、結合 組織細胞は横中隔の中胚葉に由来
  • 肝芽は横中隔(心膜腔と卵黄嚢柄)との間の中胚葉板に進入

肝臓の周辺の膜

肝臓に関係する血管

解剖

  • 体重の約2%。1.2-1.5kg。(YN.B-2)

参考資料

肝臓研究室
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/intmed3/medical_3.html

組織

肝臓の病理

体表解剖

  • 第4肋間以下のレベルで貫通する障害を受けたとき、肝臓が損傷する。

肝区域

機能

  • 物質の合成と貯蔵 → (肝障害時)低下:アルブミン、凝固因子、補体、LCAT、コレステロール、コリンエステラーゼ
  • 解毒
  • 血糖コントロール
  • 胆汁の合成分泌
  • 血液循環と濾過
  • 血液循環:肝循環の調整、血清Na, Kの調整 → (肝障害時)腹水、Kプールの減少
  • Kupffer細胞による菌・有害物の貪食 → (肝障害時)易発熱性

薬物代謝 PPC.51

  • phase I: oxidation, reduction
  • phase II: hydrolysis, conjugation

年齢との関連

  • I相:加水分解、酸化、還元 :加齢により低下
  • II相:抱合 :不変

酵素

肝酵素

画像

CT


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.




Glisson's capsule」

  [★]

グリソン鞘Glisson鞘




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡